ありがとうタイフーンキャブお久しぶりGキャブ

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

先日のダベリングツーで@krniacohくんにタイフーンキャブを味わってもらったしセッティングはこれ以上詰められそうもないので、空燃比データを取ってなかったS&Sの大口径バタフライキャブGキャブを装着することにした

ありがとう!タイフーンキャブ!どこからでも加速する楽しいキャブだった。

しかしタイフーンキャブはでかい!

Gキャブが可愛く見えるレベル。Gキャブも大概デカイ口径なんだけど、タイフーンと比べるとかわいらしい

タイフーンキャブはGキャブのマニにつけられていたので、マニ交換の手間がないGキャブを先にデータ化する。

プラグの焼け具合で判断していたのも過去の話。現在は空燃比計を取り付けているので燃料の濃い薄いを数字で判断できる

空燃比計を取り付けるついでに色々手を入れる話 その1

現在のジェットはインタミ265メイン70

SIFTON HOPUPKITS をS&S SUPER Gキャブへ組み込んだ

HOPUPKITSを組み込んで低速での霧化を促進している

S&S SUPER EキャブGキャブのリーサルウェポン BOYESEN QUICKSHOT SS テスト編

加速ポンプにはボイセンのクイックショットを組み込んでいる。

とりあえずGキャブを久しぶりに取り付けたので試走

加速ポンプは締め切ってから少し戻すくらいにしていたが、ガバあけのときはクイックショットが効くので空燃比は12-13でよいのだが、徐々にあけたときは空燃比が19程度になるので加速ポンプを少し効かせたほうが良い

クイックショット側を閉め気味にして、本体の加速ポンプも締め切った状態から1.5回転くらいもどした

加速は改善されたが、今度は低速一定走行、下道で流しているときの空燃比が15くらいになる。

少しインタミが薄いようだ。現在265なので280にしてみよう

同じく高速走行一定になると16-17になるのでメインも70では薄いようだ。

こちらも72か74に交換してみよう。

このように、実走行で数値を見ながら空燃比を確認出来るので空燃比計の有効性がわかってもらえることと思う。

まぁ、感性的な表現でしか語らないショップには無用の長物とは思うが、古い機械だからこそ最新の技術(そうでもないけど)をインストールしてあげればより状態がよくわかる。三拍子、鼓動、これらを押し出している場合、全般的に空燃比は理想空燃比14.7に対して11以下になっているようだ。それでも走るけど、90出したら振動がきつくてバックミラーが見えなくなるなんていう状態になる。

ショベルで遠乗り大変ですよねぇとか走らないんでしょ?とか、全部、そういった走らない仕様にしているだけで、ちゃんとセッティングしてあげれば、ショベルは普通にロングからチョイノリまでこなせますよ。

てなわけで、リセッティングしてからまたレポ書きます。

ちゃんと調整したら大口径Gキャブでも普通にショベル1340に使えますからww

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • Count per Day

    • 327現在の記事:
    • 755361総閲覧数:
    • 88今日の閲覧数:
    • 485昨日の閲覧数:
    • 361766総訪問者数:
    • 59今日の訪問者数:
    • 198昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド