楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルのチョッパー GLORYHOLE  その2

ショベルのチョッパーの続きです。

ショベルヘッド チョッパー 電装

電装系はオイルタンク横にまとめられています。リレーのLEDが薄いグレーの透明アクリルを通して見れます。旧車なのに近未来的ですね。

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 08:56  Comments (0)

ショベルのチョッパー GLORYHOLE  その1

先日、トップブリッジを納品した際に、以前からGLORYHOLEさんで製作していたショベルのチョッパーが完成していたので、写真を撮らせてもらいました。

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 01:49  Comments (0)

オープンプライマリー仕様のクラッチ周り組立

ベアリングサポートのベアリングは交換しましたが、元々付いていたベアリングも何の問題もありませんでした。
しかしながら、せっかく分解したのに何もしないのは勿体無いとばかりに、まさやんたっての希望でシールドベアリングに交換。

ベアリングが新しくなったベアリングサポートをミッションに固定してクラッチハブを挿入します。半月のキーをメインシャフトに挿入するのを忘れないように。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

4速ミッションのオイル漏れ

140623-01

ミッションのメンドラとベアリング、カラーの間にはクリアランスがありオイル漏れのルートがある。

ミッションのオイル漏れルート

それは上の記事にも書いているが、メタルタッチにして止めるかOリング仕込んで止めるか、カラーとメンドラの間にシリコン充填して止めるかくらいしかない。サンダ○スのキットでも出ているみたい。youtube見てたら寸法のってたんでリンクしておく。

(さらに…)

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


  • Count per Day

    • 279724総閲覧数:
    • 51今日の訪問者数:
    • 168昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド