楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ミクニ TM40(HS40)組立と補修部品について


TM40(HS40)のオーバーホール組立。摺れる部分にはメンテループを塗布しておく。私はチェーンスプレーを塗布しておいた。張り付いたら怖いので給脂はしっかりと。リンクのプレートassyをスライドを入れた後に組み立てるけど、ちと入れにくかった。入れた後は、ワッシャをいれてCクリップで固定しておく。

(記事の続きを読む)

可変ベンチュリキャブレター ミクニ TM40(HS40)分解整備



ミクニといえばHSR42が有名であるがショベル1200くらいの排気量ならば40口径くらいが丁度いいという話もある。HSR42はその名の如く口径42mm。これがショベルには大きいといわれているが、S&SのEキャブは口径47.6mm Gキャブにいたっては口径52.3mmもある。BRISKプラグと16V昇圧、デジタルイグニッションで点火系を確実かつ強力なものにしているので、Gキャブでもなんら問題なく使用できている。BRISKプラグを使ってしまうとNGKに戻れない。

強制開閉はワイヤーが引きと戻りがあって強制的に開閉する機構のもの。このTM40はHSR42やFCRにあるような軟弱なローラー機構は全くなく、ただの板と板の擦れ合いになっているという、漢仕様ゆえ、引きのワイヤーがないと万が一張り付いた場合、アクセル開きっぱなしになる。強制的に閉にしてやらないといけない。たまにアクセルワイヤーだけの仕様のTM40をみるが、みるだけで恐ろしいと思う。

この入手したTM40の分解清掃してみよう。まずは上フタを外し矢印のキャップボルトを緩め、フックをずらすとジェットニードルをはずすことが出来る。

(記事の続きを読む)

HSR42 消耗部品の交換と組立


週末は空・・・げふん護衛艦かがの一般公開があったので天保山に行って来た。DDH184ヘリ搭載型空・・・護衛艦いずも型二番艦、通称”ホワイトベース” その圧倒的な存在感、巨大さはまさにそびえ立つグレーの壁。画像では伝えきれない。2万人が来訪したと毎日放送が流していたが、彼らの算出方式、”主催者発表”でいうときっと10万人は訪れていたことだろう。また後日、画像はアップしたいと思う。

さて、HSR42のメンテナンス。消耗部品などを交換していこう。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ショベルのクラッチ板交換

151006-01今つけているバーネットのクラッチ板はもう16年くらい前に組んだ。

クラッチ板を交換に作業内容は書いている。今思えばバーネットの板の溝はオイルを切るためなのだろうと思う。

16年も経てばさすがにクラッチ板も減る。さらに摩擦係数の高いバーネットクラッチ。溝も薄くなりオイルも切れなくなるので、スティールディスクに密着して離れなくなる。密着するのでギアも入りにくくなる。

とうとう諦めて交換することにした。板は以前YUUさんとこで頂いた来た中古の板だ。

(さらに…)

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 364869総閲覧数:
    • 372今日の閲覧数:
    • 541昨日の閲覧数:
    • 185076総訪問者数:
    • 193今日の訪問者数:
    • 249昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド