V.O.E.Sと負圧計をショベルに追加した

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Youtubeやってます。チャンネル登録お願いします==>楽しいショベルヘッドyoutubeチャンネル登録

キャブかマニホールドに負圧(エンジンが空気を吸う圧力?)を取り出すジョイントがあればホースを接続することでVOESと負圧計を取り付けることが出来る。

VOESとはなんぞや、というとバキュームオペレーションエレクトリックスイッチかなんかの略で、負圧が発生するとスイッチが入るよってやつ

じゃ、そのスイッチで何してるのかというと点火マップを切り替えてる。

点火時期の立ち上がりが遅いカーブ、要は加速時とか坂道登るときとかの、負圧が少ない場合に使うカーブと

点火時期の立ち上がりが早いカーブ、要はアクセルをあまり開けてなく一定のパーシャルで運転しているときに使うカーブ

この2種類があらかじめモジュールにはプログラムされてまして、エボとかは負圧の状況で点火時期を切り替えられてるんですねぇ

しかし、アイドリングで三拍子が出ないからダメという謎な理由で、蛇蝎のごとく嫌われて、挙句にVOESはダメシステムとか認識される始末(笑)

今回はVOESと負圧計をつけた。え、じゃあ今まで点火カーブは1種類しか使ってないのかよwwと思われるかも知れませんが、単に切り替えを手動スイッチにしてただけで、パーシャルのときは立ち上がりの早い点火カーブにしてた。

負圧計は社外品。いつもの中華の安いシリーズをアリエクで購入。ただ負圧の値を知りたいだけで、これをつけたから高性能になったりするわけではない

VOESは塞がれているシリコンを剥いで、スイッチが入る負圧値を調整出来るようにしておいた。ただ、ネジのところからエア吸うのでネジ部にシリコンか液ガス塗ってエア吸わないようにしとくこと。アイドリングでonするかどうかってくらいに調整。車種によってオンする負圧値は違うみたいよ

これが負圧計のセンサー。電気信号に変換してメータで負圧値を表示

色々メータつないでいるのでナセルの中がパンパン。配線接続はワンタッチのこれが便利なので愛用

最初動作確認して大丈夫だったのでタンク付けたら負圧が発生しない。よく見たらタンクでホースを挟んでいた。挟まないようにルート変更して完了。

坂道や加速時には負圧は0 VOESのスイッチがいつ入るか視認できるように、メータカバーにLEDを追加。下の矢印がそれだけど、点灯していないのがわかる

逆にパーシャルだと0.3-0.4に負圧値が増えてLEDも点灯するよ。このときは立ち上がりの早い点火カーブ使っているんだって認識できる

どうしてもアイドリングで三拍子にしたければ、手動スイッチをオフにしたらいいので一般的な要望を網羅できるんだけど、まぁこれの便利さと性能の良さが認識されることは少ないかな(笑)

簡単にまとめると、スイッチ切ったら三拍子も出るし、坂道や加速の時はトルクフルになって、パーシャルのときは燃費良くしてくれるって感じ

VOESはいいシステムなんですよ。普通に乗る分には凄くいい。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Youtubeやってます。チャンネル登録お願いします==>楽しいショベルヘッドyoutubeチャンネル登録

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • Count per Day

    • 275現在の記事:
    • 1140303総閲覧数:
    • 107今日の閲覧数:
    • 230昨日の閲覧数:
    • 554210総訪問者数:
    • 67今日の訪問者数:
    • 139昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド