楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

70年代と80年代のカムカバーの違い

ショベルヘッドは70年から発電方式がそれまでのジェネレータによる直流ではなく、オルタネータによる交流発電に代わり、それに伴いカムカバーの形状が一新されました。
これが通常コーンカバーというものですね。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドのロッカーアームを抜いてみる

ショベルヘッドのロッカー、通称”目玉”にOリングではなく、テフロンシールを使ったら、オイルが止まるどころか、ますます流れ出し号泣状態になってしまいました。

(記事の続きを読む)

THE PANHEAD’S HEAVEN SALOON

p=52-01

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 23:28  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

スイングアーム交換後の試運転

1510-06取り外したスイングアームのベアリングレース。指で触って充分わかるくらいの段が付いていた。ローラの位置が少しずれたら、段に乗っかるのでガタガタするのだろう。

日曜日、試運転でハレまつまで行ってきた。

(さらに…)

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • Count per Day

    • 390911総閲覧数:
    • 24今日の閲覧数:
    • 180昨日の閲覧数:
    • 198325総訪問者数:
    • 18今日の訪問者数:
    • 98昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド