楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

70年代と80年代のカムカバーの違い

ショベルヘッドは70年から発電方式がそれまでのジェネレータによる直流ではなく、オルタネータによる交流発電に代わり、それに伴いカムカバーの形状が一新されました。
これが通常コーンカバーというものですね。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドのロッカーアームを抜いてみる

ショベルヘッドのロッカー、通称”目玉”にOリングではなく、テフロンシールを使ったら、オイルが止まるどころか、ますます流れ出し号泣状態になってしまいました。

(記事の続きを読む)

THE PANHEAD’S HEAVEN SALOON

p=52-01

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 23:28  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ロッカーカバーの目玉Oリング交換

160502-01


3,4日が雨予報なので四国は中止になってしまった。整備ばっちりにしたのに残念無念。とりあえず整備の続き。15W-50だとロッカーが泣く。細いOリングは厳しいね。ここはいつもの茶色いV-TWINの太いOリングに交換

(さらに…)

2009年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • Count per Day

    • 666780総閲覧数:
    • 56今日の閲覧数:
    • 546昨日の閲覧数:
    • 323508総訪問者数:
    • 38今日の訪問者数:
    • 222昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド