70年代と80年代のカムカバーの違い

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

ショベルヘッドは70年から発電方式がそれまでのジェネレータによる直流ではなく、オルタネータによる交流発電に代わり、それに伴いカムカバーの形状が一新されました。
これが通常コーンカバーというものですね。


[ad#Google Adsense]

p=54-0172年までは、メインシャフトへの潤滑がサイドオイラー(カムカバーの軸受けサイドから)になってましたが73年からはエンドオイラーに変更になってます。

見た目は変わっていませんが、結構、設計変更があるんですね。
82年からは画像の如くリブ追加されてオイルトラップがビス止めになったりしています。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

3 Comments »
  1. はじめまして、酢と申します。
    最近自分でメンテナンスしていてこのHPへたどり着きました。
    カムカバーについて質問なのですがよろしいでしょうか。当方80年式のFLHに乗っているものですが、付いているカムカバーが70年式のようです。オイルポンプをS&Sに交換してからカムカバー上部からオイルがふきでたり、、、なにやらおかしなことが起こっています。オイルラインの違いがあるようですがこれが原因なのでしょうか?
    よろしくお願い致します。
    URLに当方のカムカバーが載っています。

    Comment by — 2009年11月2日 23:53
  2. 酢さんはじめまして。
    ブログ拝見しました。
    組立、分解と色々大変そうですね。
    カムカバーは問題ないですよ。
    72年までがサイドオイラーになっているだけで、オイル経路はそれ以外変わってない筈です。
    80年式ならエンドオイラーなので、そのカムカバーで問題ないはずです。
    番号は純正の部品番号でなく、製造側の鋳物番号でしょう。

    Comment by SAS — 2009年11月3日 03:25
  3. ご教示ありがとうございます。
    とりあえずカバーが手に入ったら交換してみようと思います。
    ポンプからのラインが一つ無いのがとてもきになっています。

    Comment by — 2009年11月3日 12:43
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
  • Count per Day

    • 620現在の記事:
    • 305699総閲覧数:
    • 32今日の閲覧数:
    • 410昨日の閲覧数:
    • 155098総訪問者数:
    • 23今日の訪問者数:
    • 188昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド