楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベル シリンダー抜いた

image

今日は朝からdocomoに行って、無理やり付けられたオプションの解約。dTVだけ残した。これが無いとウォーキングデッドが最新で見れない。昼過ぎから作業。リアのヘッドを外す。カムが開いてる状態だったので、プッシュロッドを縮めても抜けないので、ひとまずそのまま。ヘッドのボルトを外す。

(記事の続きを読む)

2年半ぶり何回目か忘れたショベルヘッドエンジン腰上分解

image

やっと重い腰を上げて分解に入った。前回2013年7月なので2年半ぶり。ピストン交換、カム交換、バルブSP、タペットローラー交換が主な目的。夕飯食べ終わってバイク見てたら、ばらそうかと思い立って分解。タンク、キャブ、フロアーボード、サイレンサー外してこの状態。

(記事の続きを読む)

零戦が飛んだ日 インディアンスカウト

160127-01

今日は昼からニコ生流しながら零戦飛ぶのを見てた。零戦は皇紀2600年西暦1940年に正式採用されたので00で零戦。しかしながらオリジナル栄エンジンで飛行が可能なのは世界で1機。2013年に所沢に来ていたプレーンズ・オブ・フェーム所有の零戦五二型のみ。その他はプラット&ホイットニー通称P&WのツインワスプR-1830を搭載している。栄がP&Wのエンジンを参考し設計されているので、仕様が近いがツインワスプはなにぶん径が大きい。

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 23:06  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

シリンダーを塗装した

image

やっとブリーザバルブとスペーサーが出荷された。必要部品が全て揃ったけど、掃除と調整が面倒ったらありゃしない。2年半前は2週間で腰下から組んだので、塗装とか磨きとか全く出来ていなかった。今回はいつまでに組まなければならないという制約が無いので色々出来る。というわけでシリンダーを塗装した。

(さらに…)

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • Count per Day

    • 298726総閲覧数:
    • 7今日の閲覧数:
    • 325昨日の閲覧数:
    • 152108総訪問者数:
    • 6今日の訪問者数:
    • 128昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド