楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

キャンプ前のメンテナンス

140718_017月になってから気温が上がってきたので、エンジンオイルに20W-60のREDLINEを1L投入するのと、前回のミッショノイル交換から半年経ったのでミッションオイルの交換をした。

油温が高くなるので60を入れて対処しようと。
いい加減、手持ちのオイルクーラを付けようと思うのだが付けようかと思うと夏が終わってしまっている。

(記事の続きを読む)

タンクのデントリペア ひっぱり君

ハーレーのショベルヘッド 1984FLHの純正タンクの凹みをデントリペアで引っ張ってみる 1年ほど前、バタキャブと交換して入手した84のショベルFLH純正黒タンク。右タンクの丸で囲った部分が凹んでいる。

このような凹みを修正するのは、デントリペアというそうだ。色々な方法があるが、バイクのガソリンタンクのように裏から叩けない場合は、引っ張って元に戻すようだ。

板金塗装が前提なら、スポット溶接などで確実に棒をくっつけて引っ張る方法もあるみたいだけど、グルースティックをくっつけてそれを引っ張る方法の工具一式が安価で売っている。


(記事の続きを読む)

Filed under: メンテナンス,便利なツール — SAS 06:34  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

FXやスポのライトにLEDヘッドライト

付くか付かないか、そんなに高いものでも無いですからテストしてみればいいかなかと思いますが、やはり確実に付くってわかったほうが安心しますわな。

工夫すれば付きます。私が購入したものやキッシーのに付いているLEDヘッドライトは左のもので、コネクタがついています。

問題は冷却ファンが意外に出ていること。FXやスポのライトのカバーの中、結構配線があるのでファンが入り込むとスペースが厳しい。

そこにまたコネクタがあると非常にスペースが消耗されます。

(さらに…)

2014年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Count per Day

    • 322687総閲覧数:
    • 9今日の閲覧数:
    • 186昨日の閲覧数:
    • 163391総訪問者数:
    • 8今日の訪問者数:
    • 111昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド