楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

JOINTS2018 その1 ポートメッセ名古屋


朝8時くらいに家を出た。163を東へ。途中、バイクを抜かそうとしてアクセル開けたら回転だけあがって進まない。クラッチ滑った。後ろに18になる息子を乗せているからだろう。名阪国道 大内のドライブイン駐車場でクラッチ調整。切れにくくなってたのを調整してて少し緩めてた。なので全部1回転以上回してスプリングを効かせ、かつレバーを握り、クラッチハブが回るように調整。

(記事の続きを読む)

S&S SUPER Gキャブ 取付 その4 ヨコイチパイセンと整流スペーサ


”井”ウイングは整流じゃなくて吸い込みの邪魔をしていると判断。単純に横イチにしてみた。よくある整流板と同じね。これで効果があればパワーナウとかその手の製品は効果有りといえるね。さてどうなるか

(記事の続きを読む)

S&S SUPER Gキャブ 取付 その3 ”井”ウイング


Gキャブの入口につける整流板をつくってみた。通称”井”ウイング

効くかどうかはわからないけど、吸入を整流すればよりよいらしいので作ってみた。

前回の渦巻きウイングとタイフーンスペーサ(ロング)で走ったけど、インターミディエイトジェット295メイン074の状態で、プラグ真っ黒。灰色のスペーサのときに白かったのはスペーサの隙間から空気を吸っていたのだろう。というわけで色々調整してみる。

そして、インターミディエイトジェット310メイン076にあげて、前に井ウイング、後にタイフーンスペーサにしてどうなるかみてみた。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

インナープライマリーのシールとデュオシールナットの干渉

前回、シールの干渉を紹介するとしてましたので、それの紹介です。

今回、頂いた画像は85のFLHで湿式クラッチです。

湿式はメインシャフトの形状が乾式と違います。
ベアリングが6205を使用しているので、ミリ規格です。
ほとんどのベアリングは規格で全て決まっています。

(さらに…)

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • Count per Day

    • 420019総閲覧数:
    • 58今日の閲覧数:
    • 277昨日の閲覧数:
    • 214747総訪問者数:
    • 42今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド