楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

スポーツスター用のエアクリを装着してみた

160928-01

スポーツスター用のエアクリーナを随分前に落札してたんで、試しにスクリーミンバタフライに付けてみようと。この年式は下に吸気口があるので、走行風を大量に吸い込むのかな?

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

スクリーミンバタフライキャブ 調整

160927-11

そういや今月号のVIBESにエレ爺さんが本名で出てた。4ページも載ってた。36年46万キロって。50万キロは是非とも達成して欲しい。

で、スクリーミンバタフライキャブ。スロー68メイン160で普通にエンジンかかったんで走ってみたが、アフターファイヤーするしガクガクするしで全然ダメ。というわけでスローから調整しよう。

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

スクリーミンイーグル バタフライキャブ 装着まで

160926-01

春先にエンジン組み立てたときに純正のフィッシュテールマフラーに交換した。余ったそれまでに装着していたフィッシュテールマフラーをHIBIKIさんが欲しいとのことなので送った。マフラーを送ったらお返しにってスクリーミンのバタフライキャブを送ってくれた。中身は確認してないけど、SASさんならなんとかするでしょwってことで、ちょこちょこ作業し現在取り付けてセッティングで遊んでいる。

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

オイルタンクの修理とクラッチワイヤー調整

キッシー(去年連絡とってきた1972FLH乗り・京阪沿線なので最近の呑み仲間)が何気にオイルタンク見て言いました。
「あ、ステー折れてますやん」
リア側のオイルタンクのステーが見事に折れてました。中古品と交換しようか修理しようかと悩んだあげく、溶接して再利用することにしました。
車体から外すのにオイルを抜いて、バッテリーケース外してあげます。
140426-01 140426-02

(さらに…)

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


  • Count per Day

    • 279724総閲覧数:
    • 51今日の訪問者数:
    • 168昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド