楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

16V昇圧回路とBRISK LR15ZC 佐太天神宮


BRISKに魅せられ、インスタでtraffic.13氏からのスターウォーズネタのコラボでデザインした”ブリスクと共にあらんことを!”をステッカーにしてみたんで、コイルに貼ってみた。カス取りがめちゃくちゃ面倒くさい。LGSプラグでも体感出来ない場合もあるけど、燃料薄めゆっくり発進するようなセッティングでは体感出来ないじゃないかなと思う。LGSに交換して調子が悪くなる場合は、点火システムが電気が通りにくくなってたりする場合があるので要確認。

>>ヤフオクのブリスクDOR17LGSのページ ネジ式1本1,000円 ターミナルナット付き1本1,200円

(記事の続きを読む)

BRISK EVO(イーヴォ)プラグをマグネトー点火のパンでテスト


渋ちゃんのPANはBRISK LGS(HOR17LGS)で一応エンジンはかかったけど、そこまで違いを体感できなかったので、そのBRISK LGSプラグをnoda_richくんに譲った。渋ちゃんは始動性が良くなると思っていたみたいだけど、マグネトーのようなキックスピードで電圧が変わるシステムでは、このようなセミ沿面プラグのようにギャップが広いプラグに、容易に火が飛ばせるとは思えないので、条件が整わないと始動は厳しいと思う。(本日の、インスタ#ブリスクを見ていただければわかるが、LGSでもマグネトー+パンで始動は容易に出来るみたい) 私はバッテリー+昇圧回路のほうが火花を強く出来ると思っている。私のFLHにはキックがないのでそもそもマグネトの選択肢はないが。

(記事の続きを読む)

16V昇圧回路を入れてみた


以前、バッテリーからリレーかましてコイルに+12V配線したら、電圧が安定し点火の状態も素晴らしくよくなった。

付けただけで違いが体感できたBRISK DOR17LGSを取付、さらに3×360点火のLR15ZCにするとこれまた事の外、回転がスムーズになってよく回り振動も減る。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ショベルのチェーン交換 シールチェーンでカシメ工具要らないスクリュージョイント


2年位前に片伸びしてるのに気づいてた。そろそろ交換しないとまずいねぇと思いながらも、まだいけるまだいけると、2年経過。さすがにここまでゆるゆるになってると交換せざるを得ない。ギクシャクするし、加速も悪いしうるさいし。なにより危険なので色々シールチェーンを調べて手配した。私のショベルFLHのチェーンは530番

(さらに…)

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


  • Count per Day

    • 260639総閲覧数:
    • 72今日の訪問者数:
    • 120昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド