楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

7ピンのオスコネクタあったらアダプタで全部のモジュール使える話


パーツナンバー32408-90 これはエボの91-95くらいまでの点火モジュール配線とコネクタのアセンブリ。ヤフオクでもebayでも部品番号で出ることは稀で、配線関連を探してやっと入手出来る。みんな外して捨てちゃうから・・・でもこの7ピンオスコネクタ配線が手に入れば、アダプタ作ることで全部のモジュールをテスト出来る

画像は7-8ピン変換アダプタの製作途中画像。8ピンのコネクタは汎用品なので比較的入手可能だ。でも7ピンはオスもメスも本体から取るのが一般的。今回は32405-91A 進角カーブがDカーブのエボ91年くらいのもの。進角カーブ自体は悪くないけど5250rpmでレフリミットなので、もっとパフォーマンス良いのが欲しくなる、と英書に書いていた。カーブの種類の判別はあとで書くよ。

(記事の続きを読む)

小メーター狂詩曲


ショベル時代の油圧計って、オイルをハンドル周りまで送ってる。ハンドル周りまで細いチューブで持ってきているんだけど、万が一破けたらすごい面倒くさいことになる。エボの油圧計は電気式なので、センサーユニット(センダーユニット)をつけないとダメだけど、電気信号でメータが動くのでコッチの方が安心かと思い、小メータを物色していたら他のメーターも買いあさってしまった・・・

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドFLH 1981~スピードメータ と エボのスピードメータ


1981-1984のショベルヘッドFLHやワイドグライドFXWGの速度計は上の画像の右の青い文字の入ったメータになっている。67030-81Cであり、左のエボ用1985-1990のメータと改版番号が違うだけで中身は同じユニットのようだ。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

奥琵琶湖旧車MTGに向けて その3

7/1 ミッションのナットが取れないので、ほとほと困っていた。もうインパクトしかないと思い、なのまさんに連絡。コンプレッサーごと借りることが出来た。

0630-01

0.5Mpaに圧があがり、インパクトをセットし逆ねじが緩む方向へ回転。・・・・回らない。

もう一回。  回らない。 仕方がないのでスイッチおしっぱなし。

お!回った~~ おらー、もっと回れー

やっと緩みましたよ。(画像はスプロケ取ったあとね)

(さらに…)

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • Count per Day

    • 454880総閲覧数:
    • 351今日の閲覧数:
    • 291昨日の閲覧数:
    • 231424総訪問者数:
    • 186今日の訪問者数:
    • 200昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド