楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

2023古き二輪を愛でる会から本瀧寺FLHMTG

毎年の楽しみ、日吉ダムスチールの森で開催される古き二輪を愛でる会。特に何かあるわけでもなく、参加者の車両を並べてバイク談議に花が咲く会。

FLHの方々は集まって会場入りしたそうだけど、自分は前日深夜までNSR250RSE MC21のシリンダ交換の手伝いしてたので、そのMC21と1972FLHのキッシーとで会場にはいった。

(記事の続きを読む)

CVキャブのスロージェットとフロート調整

CVのフロートレベル調整するのにキャブを15~20度傾けて、フロートが10mmちょいになるように合わせなさいってマニュアルに書いてたので、17.5度傾けられるジグを3Dプリンタでサクッと製作。フロートのベロを少し曲げるだけでフロートレベルが大きく変わるのでジグ作って正解。

で、スローを48にしても空燃比が濃い。これはエボ用のパーツリスト見て確認しなきゃと確認したら。96年から以降はスロー42 93くらいはスロー48 TCの27421-99などには45が入っている。

いやいや6番も違うってそりゃキャブのスローのエアジェットの径が違うんでないの??

(記事の続きを読む)

南港に寄港した強襲揚陸艦アメリカ

強襲揚陸艦アメリカが佐世保からやってきて南港に停泊しているというので、かがを観に行って以来久々の空母()

ヘリ搭載型護衛艦DDH184 ”かが”を見に天保山へ

商業港に寄港するのは初めてだそうだ

(記事の続きを読む)

Filed under: CBR250R MC19 — SAS 11:35  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

インナープライマリーの変遷

インナープライマリーの変遷をまとめてみました。

FLH用だけです。画像も色々拝借してます(汗

FX用は、ステップが付く穴が開きます。
FXSBやFXDGなどは、インナーもベルトなので最終のファイナルベルトドライブと同じインナーの鋳物型ですがオイルをチェーンに供給しないので、ヴェントホースやチェーンオイラー、リターンの穴加工がありません。

(さらに…)

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • Count per Day

    • 1329592総閲覧数:
    • 240今日の閲覧数:
    • 643昨日の閲覧数:
    • 657328総訪問者数:
    • 142今日の訪問者数:
    • 335昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド