楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッド クラッチが切れなくなっていたのは・・・


夏休み、皆さん楽しんでますか?わたしゃ、廃墟戦跡巡りしてきましたよ。さて、前回の”クラッチ切れにくい”原因だけど、正解は3のクリップ外れでした。B位置で無理矢理押さえ込んだので、押さえ込みが足らず溝にクリップが入っていなかったのだろう。

(記事の続きを読む)

船場 ラングリッツ イベントに行って来た


7月30日 日曜日 昼過ぎに組立完了したんで、さくっと船場さんへ。利用している鋼材屋が船場さんの近くなんでよく前を通っている。LE爺さん来ましたか?って聞いたら、たった今、ハーレー屋まつもとへ新車に近い81ヘリテイジ入ったから見に行くって帰られましたよ~って。嗚呼、残念。入れ違い。

(記事の続きを読む)

クラッチ切れにくいと思ったらクラッチハブが・・・


琵琶湖行く前というか、BRISKプラグで色々テストしているときの途中からだったけど、クラッチが切れにくくギアチャンジがしにくくなっていた。クラッチ板が汚れてきたのか??いや汚れたくらいではここまで切れにくくならんか・・・。またコンペン緩んだかな?でも確認したら大丈夫。よくわからんし、ミッチー氏とtotoさんが船場さんに来るっていうから、それまでには直しておきたいなぁと思い、とりあえず現状確認のため、分解したらハブのシャフトが折れてたというオチ。そりゃ、クラッチ切れんわなぁ。

分解はhttp://harley-shovelhead.com/blog/?p=8441 を参照。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

KEIHIN バタフライキャブ インレット交換とガスケット類交換

160923-01

手持ちのKEIHIN バタフライキャブ、整備しているときに見つけたインレットの割れ。こいつはよく割れる。真鍮に交換する。

この動画を見ればどうやってインレットを外しているかわかるよ。

[ad name=”relation add”]

(さらに…)

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


  • Count per Day

    • 279722総閲覧数:
    • 51今日の訪問者数:
    • 168昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド