楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

空燃比計からHSR42を調整

空燃比ってのはこんなに変化するものなのね、と空燃比計確認しながら走っていると思う。車体傾けても変わるし、朝と昼でも違うし、冷えてるときと暖まったときでも違う。所詮キャブなので仕方ない。やはり目指す場所はEFIのコンピュータチューンだろう。一番、理にかなう。

HSR42のスロージェット、25を取り付けている。この時期、エンジンが暖まってくるとPSを開いていっても(HSRの場合は空気の量が増えるので薄くなる)空燃比13ちょいから薄くならない。

空燃比計無くてもPSを開いていって止まらないのだから、スローが大きいのはわかる。


HSR42のフロートボールを外してメインジェットの後にあるスロージェットを25から22.5に下げた(薄くした)



スローを22.5にしてエンジンをかける

暖まる前は14くらいの空燃比だが暖まると13くらいで安定する。PSを調整して13ちょいになるようにした。

加速域は変わらず13.5くらいのままなのでスローの影響はだいぶ下のほうだけみたい。

空燃比13くらいが丁度良い

脳ミソがとろける心地よさ。アクセル一定でトトトトトとバイパスを流すと気持ちよい。

丁度良いセッティングというのがある。ピンポイントでもの凄く気持ちよいところが。

空燃比計を付けてるとセッティングが楽に出来る

ショベルFLHに空燃比計 油圧計 油温計取り付けて動作確認


装着して何度か走行してメータの確認。メータ見すぎてオカマほったら大変なので、見すぎは注意

ショベルにこんなにメータが必要かどうかは無視してねw

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドFLHに空燃比計と油圧計と油温計取付完了


前回のブログでセンサー類取付完了まで書いた。今回はメータの取付。左から油圧計、電圧計、油温計、空燃比計

少し取り付けを加工することでショベルの小メータカバー内に装着出来る。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

更新が反映されない

昨日の更新記事がブログ村に反映されていない。ping送信は成功しているようだが?WordPress ping Optimizerで強制的にping送信しても変化無し。たまにこの現象が起こるが原因が、相手サーバなのかこちら側の問題かわかんない。というわけで昨日更新した記事を貼っておく。そしてこのping送信が反映されるか確認。

1979FLH 1200と1340 長崎から

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 517481総閲覧数:
    • 633今日の閲覧数:
    • 426昨日の閲覧数:
    • 264389総訪問者数:
    • 217今日の訪問者数:
    • 199昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド