楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルFLH スイングアームとリアホイール取り付けた

150929-16スイングアームの穴を塞ぐのにM4のタッピングビスにしようと思い、穴を3.5mmドリルでもんだ。

(記事の続きを読む)

ショベルFLH スイングアームベアリング交換

150929-01分解したショベルヘッドのスイングアーム。ベアリングレースを抜くのに某所へ。

(記事の続きを読む)

ショベルFLH リアホイール外しとスイングアーム分解

150927-18前回、リアブレーキを外したところまで書いた。

リアブレーキのピンを2箇所外す。この年式はブタ鼻キャリパー。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

3月4月5月は忙しくて・・・

とうとう6月になってしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。暑くなってきたのでオイルの温度にはご注意ください。

最近ブログを放置していたのは、仕事がクソ忙しかったから。3月4月は毎日2時3時まで図面を描いて2日ほど休んだだけ。サラリーマンなら暴れるところですが、自分でやっているので仕方ありません。5月は5月で単純作業の仕事が入っていてこれまた連休返上で片付けてました。しかし、3D図面作成ほど追い込まれていたわけではないので、ちょいちょいバイクいじりしてました。ちなみに6月も2物件くらい図面を片付けないといけないです。しかし仕事が無くて困るよりはよっぽどいいやと思うようにします。

ショベルのここ最近の不調

  • セルが回りにくい
  • ワンウェイクラッチがたまに空回り
  • コイル換えたのに始動時に鉄砲撃ちになる(タイミングがおかしくてパーンとなる)
  • プライマリの異音
  • クラッチが切れ難い

なんかこの辺の問題をあらかた解決できたので、また後日まとめます。12年間くらい冷えたときの始動時にわずかばかり発生していたジャダーすら起きなくなり、クラッチの切れもすこぶる良くなりギアの入りもよくなりました。クラッチも国産並みに軽く出来ました。セルは勢い良く回転します。プライマリの異音もなくなりました。ついでにキャブのジェットも交換してプラグが教科書どおりのキツネ色に焼けるように調整しました。

今、最高に調子いいです。幸せです。

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • Count per Day

    • 312255総閲覧数:
    • 58今日の閲覧数:
    • 176昨日の閲覧数:
    • 158385総訪問者数:
    • 51今日の訪問者数:
    • 111昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド