楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

ショベルFLH スイングアームとリアホイール取り付けた

150929-16スイングアームの穴を塞ぐのにM4のタッピングビスにしようと思い、穴を3.5mmドリルでもんだ。

(記事の続きを読む)

ショベルFLH スイングアームベアリング交換

150929-01分解したショベルヘッドのスイングアーム。ベアリングレースを抜くのに某所へ。

(記事の続きを読む)

ショベルFLH リアホイール外しとスイングアーム分解

150927-18前回、リアブレーキを外したところまで書いた。

リアブレーキのピンを2箇所外す。この年式はブタ鼻キャリパー。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

KEIHIN バタフライキャブ 加速ポンプダイヤフラム


amiくんが買い取ってくれたKEIHINバタフライキャブ。加速ポンプのダイヤフラムが逝ってしまってたので交換してから送ろうとしていた。純正のKEIHINバタフライキャブやCVキャブに採用されているのはNOKのダイヤフラム。NOK、一般的には知名度はそれほどでもないだろうけど、機械関係業界で仕事をしていたら絶対目にする、確固たる信頼がある超有名なメーカーであることは疑いの余地も無い。

純正品は高いし入手難しいし、かといって社外品は程度が良く無さそうだし、どーしたものかと思ってNEOFACTORYのHP見てたら、加速ポンプダイヤフラム JAMES製があった。

これもどこのメーカーが製造しているかわからないしなぁ~と思いながらよく見ると、”NOK”と文字が見える。

(さらに…)

2015年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • Count per Day

    • 798439総閲覧数:
    • 63今日の閲覧数:
    • 546昨日の閲覧数:
    • 380273総訪問者数:
    • 39今日の訪問者数:
    • 245昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド