ショベルFLH リアホイール外しとスイングアーム分解

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Youtubeやってます。チャンネル登録お願いします==>楽しいショベルヘッドyoutubeチャンネル登録

150927-18前回、リアブレーキを外したところまで書いた。

リアブレーキのピンを2箇所外す。この年式はブタ鼻キャリパー。

[ad name=”Google Adsense”]150927-19

リアのアクスルシャフトのナットを緩めて、アクスルシャフトを抜き取る。

150927-20ピンを外すとキャリパーとブラケット、ブレーキパッドが分解できるので、ブレーキパッドを外し、キャリパーを動かしてリアホイールを外してしまう。

150927-21このパッド、全然減らない・・・

150927-22丸印のところに、ブラケット固定している、ピンがあるので割りピンを外して、ピンも外す。

150927-24こんなピン。ブラケットとアームを連結している。

150927-23取り外したブラケット。

150927-25取り外したブレーキのピン。まだまだ使えそう。

150927-26ブラケット取って、キャリパーをスイングアームから離す。

150927-27ワッシャの爪を起こして、ピポットシャフトを外す。長年放置していたけど、意外とすんなり外れた。デビー兄さんのは放置しすぎてて、このシャフトが取れず切断して外した。

自分のも放置しすぎてたので、取れなかったらどうしようと思ってたけど、なんなく取れて一安心。

150927-28ピポットシャフトを抜き取る。

150927-29外したスイングアーム。

150927-30フレーム側。無事取れてよかった。

150928-01150928-02

こんな時にしか見れない風景。フレーム内側に長年の埃が溜まりに溜まっている。

150928-03プライヤーの上に、外したカラーが写っている。カラーを外してから、オイルシールを外す。

150928-04ここはホイールと同じく、テーパーローラーベアリング。インナーとアウターレースが分解できる。

ローラがついているインナーを外すと、アウターレースが段磨耗しているのが見えた。

150928-05

下側ばかりに荷重が掛かるのでそちら側の磨耗が激しい。スイングアームの中はグリスが充填されていた。これのおかげでシャフトが錆付かずに済んだようだ。ちなみにNSK(日本精工)のベアリングが使われていた。

こんなアウターレースは使い物にならないので、当然交換。回転もしないで同じ位置に負荷がかかるので、ベアリングにとっては過酷な条件だと思う。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Youtubeやってます。チャンネル登録お願いします==>楽しいショベルヘッドyoutubeチャンネル登録

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4 Comments »
  1. […] ショベルFLH リアホイール外しとスイングアーム分解 […]

  2. 古い記事にコメント失礼いたします。以前拝見した貴殿のyoutubeで「Koyoホイールベアリング 型式:LM11949/10」を使用して整備されていた動画がございました。(停止して確認しましたが間違っておりましたら訂正をお願い致します。)
    ベアリングの関係記事ではNSK(日本精工)が良いと記載されておりティムケン9052にあうNSKを探したのでが見つけられず、ティムケン9052とKoyoホイールベアリング 型式:LM11949/10とで迷っております。
    koyoに問い合わせましても同等品かどうかの確実なお返事は頂けず、NSKも納得いく返事は頂けませんでした。
    貴殿はF/Rのホイールベアリング、スイングアームに使用するベアリングについて現状どの製品を使われているか、またkoyoでも問題なく使用できるか、NSKの同等品の品番などお分かりになりましたらベアリングについての見解をお伺いできればと存じます。コスパ重視ならKoyoホイールベアリング 型式:LM11949/10と考えておりますが…
    何卒よろしくお願い申し上げます。

    コメント by hime — 2023年2月27日 08:10
  3. お世話になります。
    以前こちらにコメントさせて頂き、お返事を頂戴致しました。その節は誠にありがとうございます。さて、この度koyo製のベアリングを購入したのですが、レースが画像のような丸パイプで内側がテーパーになっている形状ではなく、内側がはもちろんテーパーなのですが、スイングアームやホイールの奥側、テーパーの狭い方に返しと申しますかベアリングを包む様な形状となっておりました。
    内側のレース内径が36mm程度、包みと申しますか折り返しが5mm程度あります。
    レースを外す際はプーラーが掛けやすい形状なのですが、形状が違うためこのまま交換して良いものか、迷っております。
    良きアドバイスを頂戴できれば幸いに存じます。

    コメント by hime — 2024年2月12日 10:25
  4. アウターレースの内側テーパの表現が”包みと申しますか折り返しが5mm程度あります”という表現になっていたようです。
    koyoのベアリングも同じ形状ですので問題ありません

    コメント by SAS — 2024年2月16日 11:42
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 2421現在の記事:
    • 1404345総閲覧数:
    • 197今日の閲覧数:
    • 495昨日の閲覧数:
    • 699068総訪問者数:
    • 151今日の訪問者数:
    • 306昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド