ショベルFLH リアホイール外しとスイングアーム分解

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

150927-18前回、リアブレーキを外したところまで書いた。

リアブレーキのピンを2箇所外す。この年式はブタ鼻キャリパー。

[ad name=”Google Adsense”]150927-19

リアのアクスルシャフトのナットを緩めて、アクスルシャフトを抜き取る。

150927-20ピンを外すとキャリパーとブラケット、ブレーキパッドが分解できるので、ブレーキパッドを外し、キャリパーを動かしてリアホイールを外してしまう。

150927-21このパッド、全然減らない・・・

150927-22丸印のところに、ブラケット固定している、ピンがあるので割りピンを外して、ピンも外す。

150927-24こんなピン。ブラケットとアームを連結している。

150927-23取り外したブラケット。

150927-25取り外したブレーキのピン。まだまだ使えそう。

150927-26ブラケット取って、キャリパーをスイングアームから離す。

150927-27ワッシャの爪を起こして、ピポットシャフトを外す。長年放置していたけど、意外とすんなり外れた。デビー兄さんのは放置しすぎてて、このシャフトが取れず切断して外した。

自分のも放置しすぎてたので、取れなかったらどうしようと思ってたけど、なんなく取れて一安心。

150927-28ピポットシャフトを抜き取る。

150927-29外したスイングアーム。

150927-30フレーム側。無事取れてよかった。

150928-01150928-02

こんな時にしか見れない風景。フレーム内側に長年の埃が溜まりに溜まっている。

150928-03プライヤーの上に、外したカラーが写っている。カラーを外してから、オイルシールを外す。

150928-04ここはホイールと同じく、テーパーローラーベアリング。インナーとアウターレースが分解できる。

ローラがついているインナーを外すと、アウターレースが段磨耗しているのが見えた。

150928-05

下側ばかりに荷重が掛かるのでそちら側の磨耗が激しい。スイングアームの中はグリスが充填されていた。これのおかげでシャフトが錆付かずに済んだようだ。ちなみにNSK(日本精工)のベアリングが使われていた。

こんなアウターレースは使い物にならないので、当然交換。回転もしないで同じ位置に負荷がかかるので、ベアリングにとっては過酷な条件だと思う。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1件のコメント »
  1. […] ショベルFLH リアホイール外しとスイングアーム分解 […]

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • Count per Day

    • 872現在の記事:
    • 693434総閲覧数:
    • 261今日の閲覧数:
    • 454昨日の閲覧数:
    • 335252総訪問者数:
    • 158今日の訪問者数:
    • 202昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド