フロント周りの一斉整備 その1 分解とホイールベアリンググリスアップ

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


はい、じゃぁ、フロント周りの一斉整備いってみましょう。予定では1日あれば出来るはず。フロントホイールのベアリング、2年ぶりじゃなくて4年ぶりだったわ。そろそろタイヤ交換の時期かなぁ。まずはヘッドライト外してナセルを取っ払おう。


ライザーカバーのボルト外してライザーカバーも外す。


スポットライトとウインカーも外すけど、配線はどこに繋がっていたか忘れないように画像撮っておく。さてブレーキ側のフォークのオイル漏れだけどどうやら上からみたい。でもキャップのボルトのとこのゴムは交換したのに症状変わらないんで、ひょっとしたらフォークキャップのOリングがへたってたのかなぁ。とにかくどんどん進めよう!


フロントブレーキを外してフロントフェンダーの固定しているボルト外して、アクスルシャフトのナットを緩めてアクスルシャフト抜いて、ホイールを外す。


ライザーのクランプしているボルトを外す。下からナットで固定しているのでナットを落とさないように注意。ハンドルは配線もそのままでタンク側にずらして置いておく。


昔、ナセルの中の配線ターミナル外して直接ツナイでいたけどバカなことしてた。このターミナルは非常に便利。配線をアッセンではずす事が出来るし番号をまとめておけば、元通りに簡単に出来る。


フェンダーとホイールを外した。


さぁ、ホイールのベアリンググリスアップね。まずはカラーを外そう。このグリスの色はHD純正やな。


まだ大丈夫なレベルのグリスちょう度でよかった。シールをシールプーラとかトライバー使って外す。


外したベアリングとディスタンスカラー。まだグリス大丈夫でよかったわ。ユーザー車検で安く済んだって見るけど、このあたりの面倒な整備もちゃんとしてないと後々面倒なことになる。逆にこのような面倒な作業を車検時にしてくれるので、それなりの整備費用がかかるわけで、整備しないで車検素通しはマジで怖い


レース側に傷もないのでOK


ベアリングをパーツクリーナなどで清掃する


ディスタンスカラーも清掃しグリスを塗布。HD純正グリスではなくTIMKENベアリンググリスを使用している


ベアリングにもグリスを塗布。グリスパッカーがあればいいがなければ隙間にグリス埋めていく地道な作業を繰り返しベアリングにグリスを満たす。


新しいシールをインストールして完了。

続きは次回。ブログ村のクリックよろしく

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • Count per Day

    • 208現在の記事:
    • 420009総閲覧数:
    • 48今日の閲覧数:
    • 277昨日の閲覧数:
    • 214739総訪問者数:
    • 34今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド