楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルのエンジン動いたので動画をアップとピストン組立


FACEBOOKにはロングバージョンを上げたけどyoutubeにはショートバージョンをアップしてみる。スマホで聞くと音が全然違うね。低音が再現されない感じ。カムギアのうなりも無くなって満足。カチカチ音がプッシュロッド周りかと思ってたけど、ピストンピン磨耗によるピストン首振りのスラップ音だったみたい。

(記事の続きを読む)

ショベルFLHエンジンかかった。マフラーはフィッシュテールに

image

エンジンかかったんでブログアップ。充電完了したので昼間にエンジンかけてみた。プラグ外して何回かセルでクランキング。圧縮値を測ったら許容ギリだった。ガソリン送ってエンリッチナー引っ張ってセルを回す。無事始動。メカノイズの少ない感じ。カタカタ音ってピストンピン磨耗でピストン首振ってスラップ音出してたみたい。マーレーのはオフセットがあるから向き間違えなかったら音しないみたい。

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

久しぶりの投稿。ショベルFLHほぼ組みあがってます

image

お久しぶりの投稿。確定申告に追われ、仕事に追われなかなかブログ書く時間が取れなかった。ちょっとづつ組み立てて行ったら、明日には火を入れられるまでになってた。とりあえず圧縮は10kちょっとあった。前回、タペット組むところまでだったので、ピストン、シリンダー、ヘッドの組立、プッシュロッドの調整を書いていない。おいおいアップしていく。

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

可変ベンチュリキャブレター ミクニ TM40(HS40)分解整備



ミクニといえばHSR42が有名であるがショベル1200くらいの排気量ならば40口径くらいが丁度いいという話もある。HSR42はその名の如く口径42mm。これがショベルには大きいといわれているが、S&SのEキャブは口径47.6mm Gキャブにいたっては口径52.3mmもある。BRISKプラグと16V昇圧、デジタルイグニッションで点火系を確実かつ強力なものにしているので、Gキャブでもなんら問題なく使用できている。BRISKプラグを使ってしまうとNGKに戻れない。

強制開閉はワイヤーが引きと戻りがあって強制的に開閉する機構のもの。このTM40はHSR42やFCRにあるような軟弱なローラー機構は全くなく、ただの板と板の擦れ合いになっているという、漢仕様ゆえ、引きのワイヤーがないと万が一張り付いた場合、アクセル開きっぱなしになる。強制的に閉にしてやらないといけない。たまにアクセルワイヤーだけの仕様のTM40をみるが、みるだけで恐ろしいと思う。

この入手したTM40の分解清掃してみよう。まずは上フタを外し矢印のキャップボルトを緩め、フックをずらすとジェットニードルをはずすことが出来る。

(さらに…)

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Count per Day

    • 616567総閲覧数:
    • 571今日の閲覧数:
    • 517昨日の閲覧数:
    • 302156総訪問者数:
    • 224今日の訪問者数:
    • 250昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド