楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

冬場にショベルヘッドやパンヘッドのエンジンがかかりやすくなる方法

以前は冬が嫌だった。セルモータを回してもエンジンがなかなかかからない。挙句にはパーーンと大きな音を立ててマフラー内で生ガスが爆発するし。

ショベルヘッド 冬場でもギュンギュンセルが回るようになった

結局は配線がコネクタのところで外れかかっていたのが問題だったので、修理したら問題なくセルが勢いよく回るようになった。

(記事の続きを読む)

バイク乗り 真夏の熱中症対策


先日、金曜の晩から日曜昼にかけて毎年恒例の琵琶湖MTGに参加。うちらのはクローズドで六ツ矢崎浜オートキャンプ場で開催するキャンプMTGでマイアミ浜のではない。そちらの記事はおいおい書くとして、酷暑の中空冷VツインはREDFOXフルシンセ15W-50で油温も80度くらいで安定するのでよいとしても、人がたまらない。特に黒いヘルメットしてるので熱がこもり、熱中症になりそうになる。

そこで画像のようにペットボトル霧吹きを常備してみた。

走行中に噴霧すると気化熱でかなり涼しくなる。信号待ちなどで止まり直射日光がヘルメットを照りつけても、霧吹きで噴霧すると気化熱でヘルメットの熱を奪ってくれる。

(記事の続きを読む)

Filed under: ハーレー用便利部品 — SAS 19:44  Comments (2)

S&S SUPER EキャブGキャブのリーサルウェポン BOYESEN QUICKSHOT SS テスト編

ボイセン クイックショットを取り付けたGキャブのフロートボウルをGキャブ本体に取り付ける。
とその前に、ドレインプラグも到着していたので、渋ちゃんから借りたドレインプラグと交換してしっかり締め付けておいた。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

シリンダーを塗装した

image

やっとブリーザバルブとスペーサーが出荷された。必要部品が全て揃ったけど、掃除と調整が面倒ったらありゃしない。2年半前は2週間で腰下から組んだので、塗装とか磨きとか全く出来ていなかった。今回はいつまでに組まなければならないという制約が無いので色々出来る。というわけでシリンダーを塗装した。

(さらに…)

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 489489総閲覧数:
    • 507今日の閲覧数:
    • 1429昨日の閲覧数:
    • 249532総訪問者数:
    • 136今日の訪問者数:
    • 130昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド