楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

中華製プロジェクターLEDヘッドライト ハーレー用7インチ 検証

8月に購入した中華製プロジェクターLEDヘッドライト。見た目は明るいんだけど、路面を照らすのがイマイチなのか、カットラインが出てないのか。光軸が変なのか、調整すれば正確に路面を照らすことが出来るはずと思ってたけど、中華製をなめすぎてた。

プロジェクターLEDヘッドライトのショベルFLHへポン付け

ポン付けはポン付け出来たけど、ヘッドライトとしてはダメだった

(記事の続きを読む)

S&S スーパーE用の整流板(3Dプリンタ製)

S&S SUPER Gキャブ 取付 その4 ヨコイチパイセンと整流スペーサ

この記事で製作したGキャブ用の整流板。実はEキャブ用も製作して、何人か欲しい人に渡してテストしてもらった。

製作が3DプリンタでABS樹脂なので、全くもって信用ならないけど、整流板があることでの変化を知りたくて製作

整流板を付けると低速で安定しレスポンスが良くなるようだ

今回、エボにつけたいという奇特な人が現われたので、3Dプリンタ出力の仕事も終わったので製作してみた

(記事の続きを読む)

冬場にショベルヘッドやパンヘッドのエンジンがかかりやすくなる方法

以前は冬が嫌だった。セルモータを回してもエンジンがなかなかかからない。挙句にはパーーンと大きな音を立ててマフラー内で生ガスが爆発するし。

ショベルヘッド 冬場でもギュンギュンセルが回るようになった

結局は配線がコネクタのところで外れかかっていたのが問題だったので、修理したら問題なくセルが勢いよく回るようになった。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

キットヨーテンくんのFLH

土曜日、いつもなら日曜日に行っているハーレー屋まつもとに、なんとなく行ってみた。

キットヨーテンくんの70年式FLHが入院していた。本人はアクセラに乗って来ていた。

この70年式FLH、白煙がモクモクとあがるようになってしまって、

ケムケムくん、とまで言われるようになってしまっていたので、やっとピットが空いたので入院となったわけです。

(さらに…)

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • Count per Day

    • 615496総閲覧数:
    • 17今日の閲覧数:
    • 448昨日の閲覧数:
    • 301692総訪問者数:
    • 10今日の訪問者数:
    • 232昨日の訪問者数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド