楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

2016 古き二輪を愛でる会 その1

161016_01

10月16日(日)

日吉ダム、スチールの森で開催される「古き二輪を愛でる会」に行ってきた。茨木越えて亀岡に入りそこから日吉ダムに向かう。キャブの二次エアを吸わないようにして、これで完璧と勘違いしている状態での一人ツー。VOESはONにして進角カーブが立ち上がり早いままなので加速は悪いんだけど、このときはこれでOKと勘違いしている。

(記事の続きを読む)

10月2日 DEARROADCAFE から針TRSで初MEET

161025-01

3週間前の日曜日、スクリーミンバタフライの調整があっているのかどうか確認するために少し距離を乗ろうと。手頃な距離でしばらく行ってなかったyossyanのDEARROADCAFEにコーヒー飲みに行ってきた。

(記事の続きを読む)

スクリーミンバタフライキャブ 高速走行調整

週末は浜名湖でショベルヘッドMTGに参加してきた。東名阪と湾岸、名神で三ケ日まで走行した。高速一定で走るとすぐかぶる。多分かぶっているんだろうけど、万が一逆で薄いなら怖いので、メインの番手を160から162にした。

余計酷くなる。すぐ次のPAでスローの番手を62から58に下げる。碍子は白くなったが、高速でやはりかぶる。この間、平均80-100走行。

ということはパーシャルで80-100だとスローが効いてて、そこからの加速にはメインが効くと判断。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ショベル純正タンク見分け方

140528-01純正タンクと社外タンクときちんと取り付けばいいんですが、外品のタンクってスペーサかましたり位置調整したりしないとちゃんと取り付かないので嫌いだ。

見分け方だけど。図のようにタンク内側のシート側のモールドが違ってます。外品はスペーサが溶接されており凹んでいる部分の形状は純正と比べて簡単です。また外品はフロント上側のステーに製造年月日が打ってある。

83からのスクリューキャップ式のタンクだけど、純正はフロント側のフォーク取付のステーに穴は開いていないが、外品はあいている。

 

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


  • Count per Day

    • 269787総閲覧数:
    • 162今日の訪問者数:
    • 200昨日の訪問者数:
    • 5現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド