楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

オイルタンクの修理とクラッチワイヤー調整

キッシー(去年連絡とってきた1972FLH乗り・京阪沿線なので最近の呑み仲間)が何気にオイルタンク見て言いました。
「あ、ステー折れてますやん」
リア側のオイルタンクのステーが見事に折れてました。中古品と交換しようか修理しようかと悩んだあげく、溶接して再利用することにしました。
車体から外すのにオイルを抜いて、バッテリーケース外してあげます。
140426-01 140426-02

(記事の続きを読む)

2014年 桜とショベル

去年2013年の4月はよもやショベルが復活しているなんて思いもしていなかった。ガレージのオブジェと化していた。
なんでもそうだが、いつでも出来ることはすぐやらないと。もう人生折り返し地点過ぎたんだし。
そんなわけで、桜満開の近所を回って桜を絡めてショベル撮影です。

140401-01 140401-02

Filed under: 日記 — SAS 09:44  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

三式戦闘機 飛燕 続き ハ140

三式戦飛燕の発動機 ハ140


ドイツ製DB601のライセンス生産品ハ40の改良型ハ140 2型の飛燕に搭載されるのだが、構造の複雑さ、部品の要求精度の高さ、熱処理などなど工業力の裾野が狭い当時の日本には量産するのが困難なエンジンだった。

倒立V型なので、ロッカーカバーは下になっている。ちなみにエンジンは整備されたのですか?と作業メンバーの方に聞いたが、遺産でしかも所有権は川崎にないので何かあったらどうしようもないので触っていないとのこと。多分、知覧で展示されていたときのまんまだろう。

(さらに…)

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • Count per Day

    • 346740総閲覧数:
    • 18今日の閲覧数:
    • 299昨日の閲覧数:
    • 176048総訪問者数:
    • 15今日の訪問者数:
    • 178昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド