楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

1,000km走ったのでオイル交換フィルター交換その他

160429-01


OH後、1,000km走ったのでオイル交換。ダンボール大活躍。1,000km程度でも結構汚れるもんだわ。ピストンリングにピストン、タペットローラ、カムが新品になったのでさすがにもう少し乗ってから交換しようとは、今回は思わなかった。

(記事の続きを読む)

ショベルとエボのコンペンセーター比較

160428-01

2015年11月のプライマリー周りの組立 ~コンペンセータ、クラッチ組立で記事にしたように、84からの薄いコンペンセータ(プライマリーケース内側、エンジン左に付いている)のスライドカムが虫食い状態になってたので、今は70年後期から83年までの普通のショベル用コンペンセーターを付けている。ヤフオク見てたら激安で、コンペン一式(エボ用)が出てたので落札した。

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

今年の琵琶湖一周 その4 マキノ高原メタセコイヤ並木ー白鬚神社

160426-09

道楽君のところを出てから少し走ってメタセコイヤ並木にやって来た。時間も遅かったせいか他の車がほとんど走っていない。意外にどう撮ればいいかわからなくて色々悩む。んー、こんな感じだろうか。

[ad name=”relation add”]

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

18番違いの1983ショベルヘッドFLH 2018琵琶湖MTG


前回の更新から随分開いてしまった。あれからほぼ下道ツーで和歌山新宮まで往復400kmツーして、盆休みに腰下ばらそうと分解。ついでにミッションもチェックしたら1st2ndギアが逝ってたので、ebayで手配して2.6:1と1.35:1のCLOSEミッション用ギアにしてみた。燃焼室は2.5年で2万kmちょい走ってもカーボンの堆積が極めて少なく、BRISKプラグとデジタルイグニッション、16V昇圧で燃焼状態がよくなっているのがわかった。おいおいアップしていく。
燃焼室とかの状態

#ショベルヘッド #shovelhead #楽しいショベルヘッド リアは少しオイル下がってんなぁ

SASさん(@sas_1983_)がシェアした投稿 –


さて、琵琶湖MTGのつづき。今年は関東から私と同じ1983FLHのりのハレ太郎氏が参加とのことで楽しみだった。

ハレさんのFLHと私のFLHは、なんとVIN番号が18番違い。きっと35年前のある日、同じ工場で同じ日に組み立てられロールアウトしたんだと思っておく。

35年の月日を経て、当時とほぼ変わらない出で立ちで極東の湖のほとりで奇跡の邂逅を果たす

(さらに…)

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 420373総閲覧数:
    • 133今日の閲覧数:
    • 279昨日の閲覧数:
    • 214960総訪問者数:
    • 97今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド