楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

2018琵琶湖MTG 同じ仕様の同じ年式 ショベル ローライダーが3台


同じ年式のローライダーが3台も揃うのも琵琶湖MTGならではのこと。カラーリングも同じでおおよそメイン構成物が同じという、40年近く原型を保ち色々な時代の流れに流されること無く、量産型ならではの同じ仕様が揃うのはコンプリート感がする

(記事の続きを読む)

ステムベアリングナットの締め付けが弱くて


先日の高速走行で判明したが、速度を出しすぎるとフロントが大きくぶれる。金魚運動をするようにハンドルがぶれる。恐らくステムベアリングの締め付けが弱かったんだろう。締め付けが強くてもセルフステアが効かないので大きくぶれるけど、弱いと剛性が足らないので、やはり大きくフロントフォークがぶれる。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッド フロント周りの一斉整備 その4 組立編 フロントフォーク


ショベルヘッドFLHのフロント周りの一斉整備、最後はフロントフォークの組立。前回、インナーチューブを入れてシールを挿入しているので、外したスプリングを入れて縮めてフォークキャップを締めるんだけど、バネを縮めるのが大変

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

セルモータの掃除

セルモータが回りにくい。スターターを押すとタメがある。ウー、ギュルンって感じ。このセルモータ、1年ほど前にヤフオクでセル周辺の部品もあわせて落札したもの。動くかなぁってとりあえず中身も確認せずに取り付けて、回転したからそのままにしてた。

セルより前にたまにしか引っかからなくなってきているワンウェイクラッチの交換をしたほうがいいのだが、交換するとなるとアウタープライマリを外さないといけないし、その前にマフラーも取らないといけないので面倒なので後回しにしている。

とりあえずセルモータを外して確認することにした。

(さらに…)

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • Count per Day

    • 381761総閲覧数:
    • 29今日の閲覧数:
    • 272昨日の閲覧数:
    • 193734総訪問者数:
    • 25今日の訪問者数:
    • 101昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド