楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッド 燃料コックのOリングをようやく見つけた


ワッシャーがどっかにいってしまったけど予備のショベル用落下式フューエルコック。燃料コック。

これのOリングだけというのが部品で無くて、代替品寸法の合うOリングを探していた

ホンダ、ヤマハ、カワサキなどのケイヒンコックのOリングを何種類も取り寄せ、寸法表とにらめっこし色々な規格のOリングを取り寄せ、時間とお金を無駄に消費し、早数年、やっと先日理想のフィッティング具合のOリングを入手出来た。

もうね、嫌になるくらい調べてテストして入手したので、どこのなんというOリングかは勘弁して欲しいけど、欲しい人がいたらインスタなんかでDMくれたらお分けします(有償)

(記事の続きを読む)

CVの代わりにSUがやって来たのでとりあえず分解


すぷさんとこからCVと交換でSUフルセットが送られてきた。人生初SU。皆がこぞって装着するSUであるが構造はコンスタントバキュームキャブ、いわゆるCVキャブである。ラフなアクセルワークにも素直に追従する扱いやすいキャブなんだと思う。始動性が悪いそうでとりあえず分解。ちなみに構造は全く知らない。ドームにピストンが入っているのと、ティクラーでガスを送るというくらいの知識しかないw

フロートを取ってみる。どうやらジェットらしいものはこの筒なんだろう。部品図はネットで入手出来たので照らし合わせてみる

(記事の続きを読む)

手持ちのCVキャブを嫁がせた あとハーレーエンブレムチョコとパン作った


仕事でちょっと試したいことがあったので、テスト製作をハーレーロゴでしてみた。チョコ型とパン型製作したよ。チョコのテンパリングも上手くできて(一度50度ー55度にチョコを湯煎して25度ー30度まで冷却する)型に流して冷蔵庫入れたら綺麗に固まった。

少し前に、すぷさんから連絡があって、SUつけてるアーリーショベルがあるけど始動がいまいちなんで、なんか初心者向けのキャブある?って相談。

初心者向けというか扱いやすいのは、ケイヒンバタフライかケイヒンCVキャブですねーと返信。

出来れば、確実なキャブが欲しいとのことだったので、当分使うこともないだろうCVキャブをマニホールドから何から準備して送るので、代わりにその調子悪いSUと交換してくださいとお願い。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

点火系の確認 火花が飛ぶか

ショベルヘッド プラグの点火確認にスパークチェッカー


昨日の記事で点火系がおかしいと書いた。バッテリーフル充電してから点火系確認。

(さらに…)

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
  • Count per Day

    • 469261総閲覧数:
    • 144今日の閲覧数:
    • 361昨日の閲覧数:
    • 239250総訪問者数:
    • 94今日の訪問者数:
    • 195昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド