楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

S&S SUPER Gキャブ 取付 その1


以前使用していた年式違いのバタフライキャブが売れたので、Gキャブを買った。Gキャブはあれだ、排気量が1340cc程度じゃ下がスカスカとかベンチュリが太いから低速で安定しないとか、とにかく大排気量とかストローカー組んだカスタムエンジン用のキャブレターというイメージ。ストックショベルモーターに取り付けるキャブではない。

左がEキャブで右がGキャブ。メインディスチャージチューブはEもGも同じなので出っ張りがGのほうが長いということは、それだけベンチュリが太いということ。Eでもデカイと言われているのにそれより更にデカイG。ガバガバですやん

(記事の続きを読む)

KEIHIN バタフライキャブレター調整 ショベルヘッド


3月中ごろくらいの話。バタキャブのスローは70が標準みたいなんだけど、それって吸い込み悪い純正フィルタの話でハイフローのエアフィルターにしてたらもっと薄くていいんじゃないかと思い66に下げた。

(記事の続きを読む)

スクリーミンイーグル点火モジュールのMOSFET交換


エボ用の点火モジュールのMOSFETはノーマルもスクリーミンも同じところにある。スポーツスター用も同じ。以前、スクリーミンのMOSFETを交換したのは10年くらい前で、その時は良くわからずエボスポーツ用のものを改造して取りつけてた。

点火タイミングが多分違うのだろうけど(詳しくはわからない)、そこまで違和感なく使用できていた。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ショベルのエンジン動いたので動画をアップとピストン組立

FACEBOOKにはロングバージョンを上げたけどyoutubeにはショートバージョンをアップしてみる。スマホで聞くと音が全然違うね。低音が再現されない感じ。カムギアのうなりも無くなって満足。カチカチ音がプッシュロッド周りかと思ってたけど、ピストンピン磨耗によるピストン首振りのスラップ音だったみたい。

[ad name=”relation add”]

(さらに…)

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • Count per Day

    • 346713総閲覧数:
    • 290今日の閲覧数:
    • 186昨日の閲覧数:
    • 176027総訪問者数:
    • 172今日の訪問者数:
    • 94昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド