楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

オイル交換 今回は初のPAO ロイヤルパープル


エンジンOHしてから1000km以上走行したのでオイル交換。今回は初のPAO(ポリアルファオレフィン)ベースのロイヤルパープルHPS20W-50を使用してみる。耐久性はPOE(ポリオールエステル)よりいいらしい。ロイヤルパープルはPAOベースで添加剤に独自のシナーレックを配合しており強い油膜を形成、フリクションの低減、が期待できるそうだ。

基本的にはPOEベースのレッドフォックスの方が機能的には上だけど、耐久性がPOEは劣るので1年に1回くらいしかオイル交換しない自分は、もう少し耐久性が高いオイルがいいかなぁと今回テストしてみた。

(記事の続きを読む)

フロントフォークの平行を確認する ウォブルは消えるのか?

 

フロントフォークが平行になっているか疑わしくなってきたので確認のために角パイプをフロントフォークに取りつけ、平行が出ているか確認する。完全にウォブルのラビリンス。高速でしか現象が出ないのでホント困る。

明日はtwitterで知り合い別々に会った事のあるやまちゃんと大将のショベル三つ巴会合があるので、伊賀上野ファミマに行く。今現在はウォブルの原因もわかり対策したので気持ちよく飛ばせる。HSRの加速もあいまって、それこそ普通にイメージされるショベルの感覚とは全く違うバイクに仕上がっている。ノーマル+αのカスタムでここまで来るとは正直驚き。三拍子ガーとか重いフライホイールガー鼓動がーというのがショベルのイメージなのだとしたら、私は多分あさっての方向に進んでいるのだと思う。

三拍子に合わせた車両のアクセルレスポンスの悪さは最悪なんだけど、でもそんなデチューンされたようなズドドドッドと加速するショベルを皆が望むならしょうがないのだろうと思う。自分はあさっての方向に行く。アクセルレスポンス良く背中押されるような加速が手に入るなら三拍子など私はいらない。

まぁいい。話がそれた。フロントフォークの平行だしね。国産では一般的な作業

(記事の続きを読む)

フロントタイヤ交換でウォブルが治るか??


フロントタイヤが偏磨耗して溝無くなってたのでタイヤ交換。結構減ってった状態でツーリング行ってた。特に問題はなかったけど。昔、偏磨耗するのってバランスのせいとか、日本の道路がかまぼこ状になっているとかそんな話がされていたけど、単純にシングルディスクブレーキゆえのため。ブレーキの反対側が減るよ。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

1980 FLH 当時のまま

久しぶりの更新です。
先日、おやぢさんから
「1980年式の当時のままのFLHが入ったから見においで」
と、ありがたいご連絡をいただいたので見に行ってきました。

当時のインターナショナルモデルがどのようになっていたかを知る上で非常に貴重な機体です。

(さらに…)

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • Count per Day

    • 420371総閲覧数:
    • 131今日の閲覧数:
    • 279昨日の閲覧数:
    • 214958総訪問者数:
    • 95今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド