楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ミッションのオイルシール周りのモデリング

最近、なにかと気になるミッションのオイルシール周りの構造。
とりあえず、現状の部品をモデリングしました。

p=182-01ついでに、オイル漏れのルートをまとめてみた。

1:オイルシールの劣化による漏れ
・・・・・・交換ですね

2:メンドラとスペーサの間から
・・・・・・・・・スプラインにシリコン注入です。サンダンスのリークレスとか?

3:メインシャフトとメンドラ
・・・・・・・・・・・・・シール交換、もしくはメインシャフト交換(硬質Crメッキで太らす手もある) デュオシールナットを使って止まればラッキー

と、この3経路かと思われます。

(記事の続きを読む)

HSR用のマニホールド

untitled

HSR用のマニホールドって、キャブの取り付け穴がインテークより下側になってます

(記事の続きを読む)

CVキャブ用バッキングプレート

p=180-01

知り合いからCVキャブ用のバッキングプレートを設計してくれとw

その人、板金加工屋さんで、今仕事が暇なんで自分用のを作るらしいのです。

で、とりあえず手もちのプレートを採寸して図面を引いてみました。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

KEIHIN CVキャブのミクスチャー 埋め栓を取ってみた

160919_01


部品取りのKEIHIN CVキャブレター。ミクスチャーのところが埋め栓されていてミクスチャの調整が出来ない。なんでこれを今さらバラすかといえば、9月の頭くらいにスクリーミンバタフライキャブを付けてセッティングを出そうとしているのだけど、なかなか満足行く状態にならない。で、一度スクリーミンバタフライキャブを車体から外してワコーズエンジンコンディショナーで清掃したんで、ついでに随分前に落札してた普通のKEIHINバタフライキャブも掃除しておこうと。ミクスチャー外したら、ワッシャとOリング無かったんで、この部品取りCVキャブのOリングを使えないかなと思って分解することにしたわけ。

(さらに…)

2010年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • Count per Day

    • 469265総閲覧数:
    • 148今日の閲覧数:
    • 361昨日の閲覧数:
    • 239251総訪問者数:
    • 95今日の訪問者数:
    • 195昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド