楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

KAWASAKI H2Rと三式戦闘機飛燕

飛燕2型試作17号機とKAWASAKI H2R

飛燕2型試作17号機とKAWASAKI H2R

飛燕と一緒に展示してた最新のH2R 300kmまで10秒で加速するモンスターマシン。公道での使用は認められていない。価格は594万円。完全受注生産で2016/11/15-2017/1/15までに申し込むこと。

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 00:21  Comments (0)

三式戦闘機 飛燕 続き ハ140

hien_08

ドイツ製DB601のライセンス生産品ハ40の改良型ハ140 2型の飛燕に搭載されるのだが、構造の複雑さ、部品の要求精度の高さ、熱処理などなど工業力の裾野が狭い当時の日本には量産するのが困難なエンジンだった。

倒立V型なので、ロッカーカバーは下になっている。ちなみにエンジンは整備されたのですか?と作業メンバーの方に聞いたが、遺産でしかも所有権は川崎にないので何かあったらどうしようもないので触っていないとのこと。多分、知覧で展示されていたときのまんまだろう。

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 00:47  Comments (0)

川崎重工創立120周年記念展 -三式戦闘機 飛燕

hien_39

10月30日 日曜日 昼過ぎから神戸でやってた川崎重工創立120周年記念展に行ってきた。目的は修復された飛燕を見ること。神戸ポートターミナル・大ホールで11月3日まで開催されてた。

(記事の続きを読む)

Filed under: 日記 — SAS 00:26  Comments (2)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

びわ湖の鮎ドットコムの大きな鮎

140518-51

先日、東近江あたりをツーリングした際にひげ店長に頂いた土産の鮎を焼いてみた。びわ湖の鮎ドットコム

150gサイズなんだけど、体長25cm以上ありものすごく大きい。料亭とか料理屋さんに多く卸している鮎。キャンプで差し入れで持ってきてくださるのでいつも美味しく焼かせてもらっているが、家族が食べるのははじめてだ。まずはその大きさに驚いていた。

琵琶湖の天然鮎をきれいな地下水をくみ上げた水で養殖している。スーパーで出回っているのは人工鮎。

何故、串打ちして頭を下に向けて焼くかなのだが、川魚は海魚と比べると水分が多い。そのため、頭を下にして遠火でじっくり焼くことで余分な水分が頭から落ちて、身がホクホクと焼けるのだ。焼く場合は背の部分から先に焼くと良い。網などで横にして焼くと水分が落ちきらないのでホクホクしないそうだ。

(さらに…)

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  


  • Count per Day

    • 260639総閲覧数:
    • 72今日の訪問者数:
    • 120昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド