楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

Shovel head or Evolution ignition wiring diagram


First, a wiring diagram of the point ignition method is shown

Wiring is very simple. At the point contact, electricity is turned on and off.

(記事の続きを読む)

Filed under: 電気関係改造 — SAS 21:25  Comments (0)

スクリーミンイーグル点火モジュールのMOSFET交換


エボ用の点火モジュールのMOSFETはノーマルもスクリーミンも同じところにある。スポーツスター用も同じ。以前、スクリーミンのMOSFETを交換したのは10年くらい前で、その時は良くわからずエボスポーツ用のものを改造して取りつけてた。

点火タイミングが多分違うのだろうけど(詳しくはわからない)、そこまで違和感なく使用できていた。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッド プラグ交換 BRISK LR17TCY

ショベルヘッドの都市伝説に予備のプラグを持たなければならない、というのがある。プラグをかぶらせるほど濃い燃調と三拍子を得るための極端に遅い点火時期にしているなら必要かもしれないが、普通丁度良い燃調にしておけば、そうそう持ち歩く必要は無い。

しかし、別の意味で予備プラグを持ち歩く必要性はある。それは、プラグテイスティング(笑

プラグなんてどれも同じなんて思ってた時期が私もありました。しかしBRISK LGSに出会ってから、色々なプラグをテストしてみたくなりBRISK LGSやEVO、全方向のZCなどを輸入しそれぞれの”味”を楽しんだ。

面白いことに、プラグ交換で体感出来る違いと回転数と速度の違いがはっきりとわかる。

そして今回、LR17TCYという普通の多極を装着してみた。


右が全方向のBRISK LR15ZC 15番はNGKで5,6,7に相当する。このプラグを装着すると全回転数にわたりツキが良くなりフラットな回転になる。よく言えば振動が減りスムーズに回転が上がるようになるが、悪く言えばメリハリがなくなる。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

行き当たりばったりツーリング3 淡島神社


満幸商店で食事をし白崎に向けて南下する前に、せっかくなので加太淡島神社にお参りしていこう。事前情報一切無し。ここが何の神社かも調べていない。

(さらに…)

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
  • Count per Day

    • 444608総閲覧数:
    • 191今日の閲覧数:
    • 311昨日の閲覧数:
    • 226205総訪問者数:
    • 96今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド