楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

腰下分解後のその後

クランクケース右側

年初より機械設計の仕事が忙しく、完全放置プレイ中の腰下ですが、

やっとクランクピンとコンロッドのラッピングならびにクランク組み立て、芯だしを内燃機屋さんに出すことが出来ました。

というわけで、分解バラバラな画像をいっぱい撮りましたのでUPしておきます。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

モジュールとコイルの説明



分解したスクリーミンモジュール(DYNA2000)の説明。どうやってコイルに火花を飛ばしているか。コイルがそもそも高電圧になるのは、コイルの中に1次コイルと2次コイルが鉄芯に巻いていて、1次コイルをON-OFFするとプラグに火花が飛ぶ。2次コイルは細くて巻いている回数も多い。1次をON-OFFすることで電磁誘導が起こり、2次コイルに高電圧が生じる。

2017/12/31追記:実際はMOSFETではなくトランジスタでした

(さらに…)

2013年6月
« 9月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 454896総閲覧数:
    • 367今日の閲覧数:
    • 291昨日の閲覧数:
    • 231435総訪問者数:
    • 197今日の訪問者数:
    • 200昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド