楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッドオーバーホール ミッションギア分解とドレインヘリサート化


ミッションのドレインをヘリサート化 加工依頼している工場にフライスがあるので下穴加工をお願いした

下穴が真っすぐに入っていないとヘリサートも斜めになるのでワッシャでオイルを止められない。加工機で加工してもらうのが吉。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール ミッション分解編ロータリトップ


このショベルヘッドの79後期以降のシフターはロータリートップと呼ばれているそうだ。構造的にはそれ以前もこれ以降もラチェット機構なので、どうもこのロータリーと呼ばれているシフターもラチェットという考えが強くて、ロータリと呼ぶことに慣れない

マニュアルには、79前期以前はドラムシフター、79後期以降はプレートシフターと記載しているのでコチラの方が自分にはしっくりくる。

早速ボルトを外してシフターカバーを外してみる

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール ミッション下ろし編


8/14 来年受験の高校三年の長男がおるので今年は嫁と下の子だけ帰省した。そして前々から予定していた通りショベルヘッドのオーバーホールを始めるため分解作業に入った。

今回のメインの目的は、クランクケース左側のインナープライマリ固定している雌ネジ部欠けの修正と、インナープライマリケースを外すついでにミッションを下ろして、20年くらい前になめたドレンドルトのヘリサート化である。

クランクケース左側の雌ねじも20年くらい前に締めすぎてなめたのでヘリサート化したのだけど、斜めに入ってしまってそれが原因で欠けてしまった。両方とも20代の頃やらかしたミスを50を前にきっちり直しておこうかと

キャブはキッシーが来たときに取り外してある

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ピストンとコンロッドのレンダリング

140517-01

こんな感じにピストンとコンロッドをレンダリングしてみました。

ぼかしはGIMPでやってます。焦線処理も出来るんですが時間がかかるんでそこはレタッチソフトで 笑

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 420010総閲覧数:
    • 49今日の閲覧数:
    • 277昨日の閲覧数:
    • 214740総訪問者数:
    • 35今日の訪問者数:
    • 158昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド