楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッドオーバーホール ミッション分解編ロータリトップ


このショベルヘッドの79後期以降のシフターはロータリートップと呼ばれているそうだ。構造的にはそれ以前もこれ以降もラチェット機構なので、どうもこのロータリーと呼ばれているシフターもラチェットという考えが強くて、ロータリと呼ぶことに慣れない

マニュアルには、79前期以前はドラムシフター、79後期以降はプレートシフターと記載しているのでコチラの方が自分にはしっくりくる。

早速ボルトを外してシフターカバーを外してみる

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

空燃比計を取り付けるついでに色々手を入れる話 その2

昨日のブログで書いたように、マフラーにボスを溶接し終えた。空燃比計を取り付けるには、配線もしないとダメだし、マフラーも外して交換、ナセルも外すことになる。

この作業を何回もするのは非常に面倒なので、まとめて終わらせるように他のメータ取り付けの準備も行う


油温計。汎用品を購入。LEDバックライトなので常時ONに配線する。油温計、オイルタンクに付けているけど走行中は確認出来ないし、信号待ちで見るときも姿勢が変になるので見にくい。というわけで、ハンドル周りに装着しよう

(さらに…)

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 637852総閲覧数:
    • 621今日の閲覧数:
    • 596昨日の閲覧数:
    • 312371総訪問者数:
    • 281今日の訪問者数:
    • 334昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド