楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッドオーバーホール カムカバーのシール交換とシールプーラー


ショベルやエボのシングルカムのカムシール交換、いつもカムカバー外したときにやっているけど、分解しないでもシールだけ取ったらいいじゃないかと、いうことでカムシールプーラ作った。

めっちゃマニアックな材料で作ったので、鋼材屋さんから20m巻きでしか卸せませんよーといわれ、わずか10cm程度のために20m購入した。

こんな感じで抜ける。外周が純正と同じ金属製のは2本使えば抜けるかなぁ。

もし万が一作って欲しい人がいたら売ります。メルカリ経由でw 20mあるからたくさん作れます。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール 腰下分解する


ピストンをシリンダーに残してピンだけ抜こうと思ったんだけど、失敗してシリンダー抜いちゃった。極力、リングのあたりが付いている向きのまま組みなおそう。

ピストンピンプーラーは20年くらい前に自作したもの。当時はSST入手するのも手間がかかったので、ないものは作る精神で(笑

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール オイルポンプ分解


引き続きショベルヘッドオーバーホールの続きを。エンジン降ろしてカムカバー外したらオイルポンプを分解していきましょう。まずはフタを固定している4本のボルトを外す。取れないからといって隙間にドライバーなんか入れてはいけません。

外したボルトはどこの場所のボルトかわかるように、ダンボールに穴と絵を描いて挿しておくといいです

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

飛龍のエンジンと色々な部隊の慰霊碑 殉国七士廟


ペラが2枚だから1型やね。終戦まで一線級で戦えた隼は優秀。ここ殉国七士廟には各部隊の慰霊碑が多く建立されている。特攻隊とか剣部隊とか有名であるが、当然戦争は戦う部隊だけでは戦えず,輜重部隊などの碑も建立されている。

(さらに…)

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 398852総閲覧数:
    • 258今日の閲覧数:
    • 347昨日の閲覧数:
    • 202399総訪問者数:
    • 147今日の訪問者数:
    • 183昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド