楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

ショベルヘッドオーバーホール ミッションをフレームに乗せてスプロケ装着


前に組み立ててたミッションをフレームに乗せる。意外と重いの。プレートごと外して、ミッションの固定はこの段階ではしない。プレートがフレーム対して位置が決まるので、プレートをフレームに固定する。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール バルブタイミング通称バルタイ確認


実はマニュアルにも他のブログにもクランクケース締め付けボルトは30Nmとかかいてあって疑問に思わず締めていったら1本なめた。調べたらGRADE5の5/16(約8mm)のUNFボルトなので、23Nm程度が規定トルクじゃねぇかww やられたわ。というわけで色々聞いて回って奇跡的に中古在庫があったmasaさんところに買いに行って事なきを得た。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール エンジン組立


ブログはまだエンジン組立だけど、実機は先日やっと悪いところ全部直して多分調整完了。またキャブを交換するか独立点火にしよかなぁ

組み立てたケースにエンジンオイルを投入。クランク回してオイル回しておく

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

横浜 MyPerformanceさんで ヘリテイジエディション

160118-09

早朝4時に大阪を出て向かった先は、横浜のMyPerformanceさん。良い個体の旧車を、良心的な価格で販売しておられる。去年末の館山で行われた千葉走忘年会の帰り、寄ってみたいという私の希望でおやぢさんともども寄ったお店だ。その時の記事

なぜ、ここに来たかだが話せば長くなるので簡単にまとめると、ハレまつに相談に来た方の車両選定。

(さらに…)

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 666772総閲覧数:
    • 48今日の閲覧数:
    • 546昨日の閲覧数:
    • 323503総訪問者数:
    • 33今日の訪問者数:
    • 222昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド