ショベルヘッドオーバーホール バルブタイミング通称バルタイ確認

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


実はマニュアルにも他のブログにもクランクケース締め付けボルトは30Nmとかかいてあって疑問に思わず締めていったら1本なめた。調べたらGRADE5の5/16(約8mm)のUNFボルトなので、23Nm程度が規定トルクじゃねぇかww やられたわ。というわけで色々聞いて回って奇跡的に中古在庫があったmasaさんところに買いに行って事なきを得た。

全部23Nmで締めなおしたよ

で、表題のバルブタイミング。工具屋行くと売っているでかい分度器。国産整備ではよく見るバルブタイミングの確認。ハレ系のサイトだとほぼ皆無。実際ANDREWSのカムでも最初からバルタイがずれているのもあるそうで、自分のJカムもずれていてギア交換時におやぢさんにバルタイ調整してもらった。

実際に自分の目でもあっているかどうかを確認したくて道具をそろえた。でかい分度器と矢印の板、ダイヤルゲージ。でかい分度器はCADで書いたやつを円板に貼り付けた。


TDCが分度器の70度で、このカムはJカムなので上死点まえ21度でバルブが開く。


カムが開き始める場所をダイヤルゲージでみたら91度。まさに上死点前21度でカムが開いていることが確認できた。このカムと交換してもらったギアは寸分の狂いなくデータ通りの位置関係になっていることが確認できた。


バルタイも確認できたのでフレームにパイルダーオン。ふざけて書いているけど重いので実は一人でするのは大変。



カムとピニオンギア、ブリーザギアの位置が合っているか最終確認し新品のガスケットをセットしカムカバーを挿入


元通りにカムカバーのボルトを入れて12Nmで締めこむ


シリンダーベースナットを対角線上に3回くらいにわけて50Nmで締める

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • Count per Day

    • 120現在の記事:
    • 409301総閲覧数:
    • 34今日の閲覧数:
    • 412昨日の閲覧数:
    • 208499総訪問者数:
    • 32今日の訪問者数:
    • 236昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド