ショベルヘッドオーバーホール オイルポンプ分解

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


引き続きショベルヘッドオーバーホールの続きを。エンジン降ろしてカムカバー外したらオイルポンプを分解していきましょう。まずはフタを固定している4本のボルトを外す。取れないからといって隙間にドライバーなんか入れてはいけません。

外したボルトはどこの場所のボルトかわかるように、ダンボールに穴と絵を描いて挿しておくといいです


ぺローンとフタが外れた


このままボディを抜くので、ギアケース内のオイルポンプギアを固定しているC型止め輪を外しておく


オイルポンプのボディを固定しているボルト2本を外す


ここいらにマイナスドライバを入れてテコの原理でボディを外す


オイルポンプ取り外し完了


外したらガスケットを取り除いて脱脂、清掃。フィッティングも外して液体パッキンをネジ部に塗布し元の位置にねじ込む。細かいゴミが残らないよう、徹底洗浄してジプロックに入れておく

オイルポンプの内部構造はココにまとめているので見てね 3Dモデル描いて内部構造がわかるようにしている

オイルポンプの分解清掃組立はこちら。デザイン崩れてる・・・


そういや、ギアポンプじゃなくてトロコイドのオイルポンプは無いのかなぁと探したら、やはりあった。吐出量がどれくらいあるのか緒言は不明だけど、カスタムでつけるならありきたりのS&Sじゃなくて、こんなの付けたらいいかもね。

ちなみトロコイドのギアは複雑な形状しているけど、切削で生産じゃないよ。粉末冶金(ここ参考) 自動車、バイクのオイルポンプギアなんかは焼結で生産されているよ。

粉末冶金を応用して、金属3Dプリンタも最近は出てきているよ。家庭用なら10万切るくらいで。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • Count per Day

    • 212現在の記事:
    • 409301総閲覧数:
    • 34今日の閲覧数:
    • 412昨日の閲覧数:
    • 208499総訪問者数:
    • 32今日の訪問者数:
    • 236昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド