楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッドオーバーホール 4速トランスミッション組立 その3 組立完了

今日からバイブズMTG大阪ですね。道中皆様お気をつけて。

さて4速ミッションのギアを組んだ時点でおかしいところは無いか動かして確認。シフタークラッチを動かしてギアにシフタークラッチが噛み込んでギアチェンジが出来るというのがわかるだろうか。もし、前回の記事で書いたリテーニングリングが外れて1st2ndにシフタークラッチが噛んでいるときに、3rdにシフタークラッチが噛みこむとどうなるか。ロックします。なので、何度もリテーニングリングが入っているか確認した。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

栄三一甲型発動機 大和ミュージアム

栄三一甲型エンジン 呉 大和ミュージアムの説明の看板

栄三一甲型発動機。甲の文字が逆光で見え難い。栄三一なんで零戦六三型だと思うんだけど、ここでは六二型で展示されている。三一は、水メタノール噴射装置を装備。三一甲型は水エタノール噴射装置を廃した三一。栄の二一、三一甲、三一乙は二番目の発動機って分類しているみたいなので零戦六二型なのか。三一、三一甲乙は三番目の発動機とすると、ロクサンになると思うんだけど・・・

(さらに…)

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 398852総閲覧数:
    • 258今日の閲覧数:
    • 347昨日の閲覧数:
    • 202399総訪問者数:
    • 147今日の訪問者数:
    • 183昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド