楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

3/31 ハレまつから京の宴MTGへ笠置まで


3/31 仕事してたら火男君から久しぶりにハレまつ行くんでどーっすか!って言われたんで仕事の引取りの帰りにハレまつに行った。今日は旭日旗を飾られたw 火男くんはヘリテイジのカレンダーをやっさんから売ってもらいましたーって喜んでた。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

モジュールとコイルの説明



分解したスクリーミンモジュール(DYNA2000)の説明。どうやってコイルに火花を飛ばしているか。コイルがそもそも高電圧になるのは、コイルの中に1次コイルと2次コイルが鉄芯に巻いていて、1次コイルをON-OFFするとプラグに火花が飛ぶ。2次コイルは細くて巻いている回数も多い。1次をON-OFFすることで電磁誘導が起こり、2次コイルに高電圧が生じる。

2017/12/31追記:実際はMOSFETではなくトランジスタでした

(さらに…)

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • Count per Day

    • 346739総閲覧数:
    • 17今日の閲覧数:
    • 299昨日の閲覧数:
    • 176047総訪問者数:
    • 14今日の訪問者数:
    • 178昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド