タイフーンキャブの再調整

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

http://harley-shovelhead.com/blog/?p=15128

前回、タイフーンキャブのニードルを線1に交換したら、上が薄くなりすぎてしまい、上を調整すると今度はアイドリングで濃くなりすぎる事態になった。

ガソリンコックをオフにして、しばらくアイドリングを続けても燃料が切れるまで濃いままで、きれる直前に薄くなった。

なので、フロートレベルの問題では無いとは思ったけど念のため、確認して少し油面を下げてみることにする

サイドフロートなのを利用してアクリル板とゴムとで透明仕様にした。これを見る限り丁度良い油面になっていると思う・・・

実油面を測定しやすいので、サイドフロートって便利

フロートのタブを折り曲げ調整して油面を下げてみた。

アイドリングでの空燃比を12ちょいくらいになるように調整した

そして、走り出す

高速走行になるとやはり薄くなる。15-16と薄い状態に入る

なので、少し濃くすると今度はアイドリングで濃くなり上では薄いままだ・・・

やはり油面は全体の濃い薄いには影響するが、油面を下げたからといってアイドリングだ薄くなるということはやはり無いみたい。

ショベルFLHに空燃比計 油圧計 油温計取り付けて動作確認

空燃比というのはガソリンと空気の比率で14.7が理想。少し濃い目が(13くらい)がパワーが出ていいといわれている。私のFLHには上記記事に書いてあるように、空燃比計を取り付けているので、リアルタイムでガソリンが濃いのか薄いのかわかるようになっている。

油面調整して始動してたら、空燃比計が18とか20とかもの凄い薄い値になった。そして片肺。フロントが点火していないみたい。薄すぎて壊れたのか?とドキドキしながらプラグをはずした

そうすると御覧のとおり、完全にかぶってた。カブって爆発してないので。薄い数値がメータに表示されてた。空気流してたらそりゃ薄くなるわwww

結局、油面(フロートレベル)がアイドリングの空燃比に影響しないということはわかった。

となると、線1のニードルだと回すと薄いから、やはり線2のニードルを取り付けてアイドリングを13狙いくらいにして全体を薄くすればいいのかな

なかなか手ごわいキャブだけど、空燃比計があるから判別はしやすい

よろしければ↓↓↓↓の「ハーレー」をクリックしてポイントアップにご協力ください

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 145現在の記事:
    • 561622総閲覧数:
    • 754今日の閲覧数:
    • 1655昨日の閲覧数:
    • 280316総訪問者数:
    • 324今日の訪問者数:
    • 428昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド