モジュールとコイルの説明

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Youtubeやってます。チャンネル登録お願いします==>楽しいショベルヘッドyoutubeチャンネル登録



分解したスクリーミンモジュール(DYNA2000)の説明。どうやってコイルに火花を飛ばしているか。コイルがそもそも高電圧になるのは、コイルの中に1次コイルと2次コイルが鉄芯に巻いていて、1次コイルをON-OFFするとプラグに火花が飛ぶ。2次コイルは細くて巻いている回数も多い。1次をON-OFFすることで電磁誘導が起こり、2次コイルに高電圧が生じる。

2017/12/31追記:実際はMOSFETではなくトランジスタでした

じゃぁ、どうやってコイルのマイナス側をON-OFFするのかって話だけど、ON-OFFはMOSFETという電子デバイスで行っている。G(ゲート)に一定以上の電圧を与えると、D(ドレイン)S(ソース)間がONする。Gから電圧を取るとD-SはOFF。そう単純にスイッチしているだけのもの。

点火のタイミングはCPUで計算されている。それはピックアップセンサ(コーンカバー内に入っているセンサ)の入力を元に計算。

CPUの計算はメーカーによって違ったりする。MOSFETは年々性能の良い物が出ている。古いものは熱に弱かったりする。

高速スイッチングを繰り返すと、MOSFETに熱が溜まりショートする。スイッチングしないからコイルに火花が飛ばない。壊れたということになる。

ケースの中に放熱性の悪い樹脂を注入し固めているので、電子機器にはよろしくない環境。

今回もMOSFETがショートしたものと予想し交換したが、調べるとGに入力される電圧値が低い。CPUから出てくる5Vを変換している回路で故障しているようだ。悪い部品がわかればそれを交換すれば使えるのに、樹脂で固めているから交換もままならない。固めるなら壊れないようにしておけばいいのにと思う。

モジュールは、ピックアップセンサのタイミングを元にCPUで計算してMOSFETでコイルのマイナスをON-OFFするものと説明すると、わかっている風な感じがする。

コイルは1次コイルと2次コイルの巻き数の差で、1次コイルのマイナスをON-OFFすることで発生する電磁誘導で二次コイルに高電圧が発生してそれでプラグに火が飛ぶ、って説明すると、へぇーって感じになると思う。

昔、住宅展示場に行った時に説明したハウスメーカの営業マンが、ナニナニは特許なんですよ~って言ってきたので、それって製法特許?請求項目は何??って聞いてあげた。でもそれは知らないそうだ。特許ってすごいから取れるんじゃなくて、新規性が認められたらいいわけで、特許をとること自体が凄いわけじゃない。モンドセレクションもそう。お金を払って申請すれば項目によって金賞だったりするわけで、金賞が唯一あるわけじゃない。

売る方は必死なんで、勝手に凄いと思ってくれるような手法をよく取る。こちらもなんとなく染み付いた凄いというイメージに引きずられ何となく凄いなぁと思うわけで。なんとなーく凄いっていうイメージは厄介で、深層心理に染み付いてしまうので、そこで疑問に思わない。だがしかし、わかってくると話の筋の破綻やチグハグさが露呈してくる。円柱を横からみたら四角なので四角ですよって説明するようなことを平気でする。嘘は言っていないが正しい情報でもない。しかし世間ではこのような人達のほうが不思議と評価されている。セルフプロデュースが上手い。

何が言いたいかって。人の話はつっこみながら聞けばいいって事。そうここのブログもね。

というわけで、そうそうって思った方はブログ村ランキングのクリックお願いします。上と下のハーレーをクリックしてください。

*2017/12/31追記 まさにそんな知ったかぶりが露呈している。実際はMOSFETではなくトランジスタが付いていた。なので電圧が低かった。DYNAも同じなのでトランジスタをスイッチング素子として使用しているみたい。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
Youtubeやってます。チャンネル登録お願いします==>楽しいショベルヘッドyoutubeチャンネル登録

denki_cat
関連記事
Filed under: 電気関係改造 — SAS 03:42  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • Count per Day

    • 335現在の記事:
    • 1386046総閲覧数:
    • 1今日の閲覧数:
    • 409昨日の閲覧数:
    • 687607総訪問者数:
    • 1今日の訪問者数:
    • 242昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • 最近のコメント

  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド