スクリーミンバタキャブ ひょっとしてオーバーフローしてたの?

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


お手本のようなきれいな焼け具合のプラグ。
先週の金曜日、次の案件の打ち合わせで東大阪まで行って来た。途中でエンジンストール。この日はスパークチェッカーを持っていたので、プラグに被せて点火確認。点火していることを確実に確認した。コックは止まるたびにoffにしている。スタータを押してしばらく回すとエンジンがかかる。

コックをONにして走り出すも、また途中でストールした。どうやらキャブがオーバーフローしたようだ。

コックのON-OFFを繰り返し走行して東大阪往復した。その直後のプラグがこれ。スロー60だけど薄かったみたい。多分、取付時からキャブはオーバーフロー気味だったのかもしれない。なので、セッティングが出しにくかったのかも。


新品でもらったフロートバルブ。最初からゴムが千切れかけてんですけど。まぁいいや、とりあえずこれに交換してみる。


念のため、実油面高さの確認と、フロートバルブが大丈夫か確認でペットボトル利用して見てみた。一応、この位置で止まったんで、フロートバルブは大丈夫みたい。

フロートバルブ交換して乗ったところ、途中で何回もストール。エンリッチナー引いたらマシになったんで60だと薄い。これまで60で大丈夫だったのはやはりオーバーフロー気味だったせいか??


スロー#65に変更。メインは#152のままテスト走行。回転上で、エンジンストール。152だと全然薄いようだ。スクリーミンDYNAモジュール(修理バージョン)でテストしてたから、このモジュールのせいで回転上で止まるのかと思い、普通のDYNA2000モジュールに交換して走行したが、やはり上でエンジンストール。やはり152だと薄すぎるようだ。

 


よってメインは#152から一気に#162にあげた



あまり締めすぎるとダメなので、程よく締め付けて交換完了。

下は問題なく走るようになったが、上で少し失火する。だけどストールすることは無くなった。多分もう少し濃い目でいけそう。

去年にスクリーミンバタフライ調整完了っていってたけど・・・

あれは


すみません・・・・ 正しい油面高さじゃなかったのね・・・走行中は釣り合いが取れるくらいの漏れを起こしてたんでしょう。

またキャブ調整してみる。今度はきっと容易にいい調整位置が見つかるはずだろう。

ブログ村のクリック、ありがとうございます。

 

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2 Comments »
  1. そのスクリーミンは「外れ」ですね!
    改善の見込みはないので速やかに処分いたしましょう^^

    Comment by 9D — 2017年3月14日 06:19
  2. だーめーww
    あげませんよ~~

    Comment by SAS — 2017年3月14日 08:53
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • Count per Day

    • 511現在の記事:
    • 398852総閲覧数:
    • 258今日の閲覧数:
    • 347昨日の閲覧数:
    • 202399総訪問者数:
    • 147今日の訪問者数:
    • 183昨日の訪問者数:
    • 4現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド