サンダージェット付きスクリーミンバタフライ(フローマスター)の漏れ確認

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


まずはインレットを挿入する。ヒートガンで本体の穴を温め穴を拡大しつつ、インレットはコールドスプレーで冷やして縮める。

インレットをキャブ本体の穴に挿入して金づちで叩入て挿入

一体型のインレットのほうが確実。四角に差し込み式のものは取れる可能性があるので今後は止めておく

サンダージェットのホースも取り付けて組立完了

インレットを取り付けたのでガソリンを入れて漏れ確認。加速ポンプを効かすと加速ポンプ下部からガソリンが漏れるので、分解して確認。Oリングなども新品に交換する。

何が悪いかわからないので、他のスクバタのフロートと交換してみるが、漏れる場合も漏れない場合の違いがなぜ起こるかわからない

加速ポンプのところをオイルストーンで研いで出っ張りなどを削除したが漏れが納まらない。結局色々確認すると、加速ポンプのダイヤフラムの入れ方がおかしかったので漏れを生じていたようだ。

ダイヤフラムの入りを確実にしていることを確認して固定したところ、加速ポンプを効かしても漏れなくなった。

フロートボウルからの漏れもない。これで問題なく使用できる状態には出来た。

ちなみにフロートバルブはケイヒンバタフライと同じ。4.0の刻印がある。

これのフロートもフロートバルブもミクスチャニードルもフロートボウルガスケットも全部モノタロウで手配できることがわかった。

セッティングで困る理由もわかっているし調整方法も確立できた。このキャブがEキャブと似たような大口径バタだという話をネットで見るけど違うと思う。似たようなものと思うならそれでいい。全然違うので。

スピゴット式とフランジ式、のどチンコ有り無しの4パターンが存在する。

とりあえず現状持っている3種類のスクバタ(フローマスター)

サンダージェット付きはサンダージェットが邪魔して、Bキャブのバックプレートが付けられない。

色々考えた結果、レブテックキャブのバックプレートが丁度合いそうなので、レブテックキャブのバックプレートを取り付けるアダプタを作る。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • Count per Day

    • 199現在の記事:
    • 741283総閲覧数:
    • 214今日の閲覧数:
    • 274昨日の閲覧数:
    • 355513総訪問者数:
    • 111今日の訪問者数:
    • 144昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド