楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

2014年10月のフロント周り整備


フロント周りの整備記事を書いていてわかったのだが、前回のフロントフォークオイル交換などの整備記事をブログに書いていなかった。整備記事は記載しておかないと、年取ると2年くらいまえの感じが実は既に5年経過してたりとかあるので注意。実際、フォークオイル交換2年前かと思ってたら実は2014/10にやってた。4年近く経過してた。というわけで過去の状態をまとめておく。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ショベルに乗って伊丹まで そして・・・話題になったあの場所へも

ショベルヘッドが調子よく走るようになると急激に興味が引いていくのが自分でもわかる。いや、まだまだ空燃比計つけたりキャブのデータ取りしたりしたいとは思っているのだけど、8年間寝かしていたTDR250に興味が移ってしまっている。そして現在、色々分解調整中

20代の頃はあまりメカ的な構造を理解していなかったので、昔乗っていた87NSRなども構造はそこまでわからなかった。しかし20数年、ショベルヘッドのメンテや修理、改造していたり、仕事で機械関係の設計していたりすると不思議なモノで、TDR250の構造が手に取るようにわかるようになっていた。

YPVSとか独特の機構はあるけど、サービスマニュアルも数年前に入手してたので見てたらわかるようになっている不思議

ちなみにYPVSってのは・・・ 低速だとマフラー絞って高速だと開放する感じ?低速でトルクが太るようになる。1988年なんて30年前でものすごく昔なんだけど、ハーレーの1988年式だと、おーエボやん新しいとかって感じてしまう感覚の不思議

TDR、ブレーキは前後とも固着。リアなんてブレーキ踏んだらマスター固着で戻ってこないw ブレーキ前後ともOHした。現在、タンクの錆び取りとキャブのOH。ピストン固着もないので、割と早く動かせそう

さてブログのほうは、キャブの調整完了したのでタンク装着して伊丹空港に行った話



右タンクも取付、その他外していた部品も全部つけた。やはりこのスタイルが様になる

(さらに…)

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 409295総閲覧数:
    • 28今日の閲覧数:
    • 412昨日の閲覧数:
    • 208494総訪問者数:
    • 27今日の訪問者数:
    • 236昨日の訪問者数:
    • 3現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド