楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

サンダンスFCRの分解洗浄


可変ベンチュリキャブレター強制開閉式 その3 これまではMIKUNI製だったが今度はKEIHIN製の可変ベンチュリFCR

高性能キャブレターの代名詞のFCR。しかもサンダンス製。サンダンス製だからどうということではないけど、ワイヤー類からエアクリまでセットで入手できたのでラッキーだった。キャブ単体だけで入手しても、結局操作できるまでにするのに結構必要なものがあるから。

入手したキャブはとりあえずバラす。フロートボウルを分解したけど、ものすごくきれい。これはいい買い物したわ

(記事の続きを読む)

Filed under: 未分類 — SAS 00:36  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

純正ポリスタンク

最初からついていた純正タンクは1995年のバカな自分のせいで水色に塗られてしまった。
それからずっとタンクを探している。タンクのデカールを見るだけで年式がわかってしまう。
1983だと単純なバー&シールドだ。当時は単純すぎて嫌だったけど今はそのシンプルさが愛おしい。
デカールは2セット手に入れてある。あとは純正のスクリューが出てくれば、とりあえずは純正っぽいのを作れる。

仕事をしながらネットを見ていると、「ソフテイル用タンク」と表示されている画像入りの広告が目に付いた。
しかしそのフォルムはショベルポリス用で、ソフテイル用を塗り替えたのね位にしか思ってなかった。
何の気なしにそれをクリック。
(さらに…)

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Count per Day

    • 453418総閲覧数:
    • 17今日の閲覧数:
    • 470昨日の閲覧数:
    • 230584総訪問者数:
    • 16今日の訪問者数:
    • 235昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド