楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

負圧コックの修理

セカンドバイクのTDRのフューエルコックは負圧式。エボとかも負圧式。ショベルは落下式。いつぞや、コック式とか説明していた人がいたので落下式と負圧式ですよね?って話したけど理解してくれたのだろうか。

TDRは負圧式でキャブが空気吸い込む力を利用して、コックのダイヤフラムがポコッと動いて、Oリングの部分が外れて、ガソリンがキャブに行くようになっている。

(記事の続きを読む)

Filed under: TDR250 — SAS 23:14  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ニュートラルランプが点いたり点かなかったり・・・

160701-01もうすぐユーザー車検に持っていかないといけないのに、ニュートラルランプが点かなくて困ってた。ふとしたはずみで点いたりするからどこかの接触不良かなと。

ニュートラルスイッチは83年では単純にアースするだけ。生きているか死んでいるか確認するためにニュートラルに入れてニュートラルランプの頭とボディ間が通電しているか確認すればOK

というわけで、テスターをニュートラルスイッチの頭に当てて反対側はボディに接続。

(さらに…)

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • Count per Day

    • 561622総閲覧数:
    • 754今日の閲覧数:
    • 1655昨日の閲覧数:
    • 280316総訪問者数:
    • 324今日の訪問者数:
    • 428昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド