FXDFファットボブリアサスをショベルFLHにつけてみよう

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

リアサスをFLDスイッチバックのものに交換し、ものすごく満足しているのだが、ネットを見ていると素敵なリアサスを発見

新しい純正部品や機構をショベルに投入しアップデートすることが最近の楽しみなので、この素敵なリアサスも購入した

そのリアサスは

FXDFファットボブ2008のフルカバーリアサス

2000年代のリアサスなのに、レトロチックなこのデザイン

シンプルなデザインの中にも洗練された構造

早速取り付けてみよう。何回もリアサスを交換していると慣れたもので、ジャッキでサクッと高さを合わせFLDスイッチバックのリアサスを外すことが出来るようになっているw

上と下のボルトとナットを外せばリアサスを外すことが出来る

FXDFファットボブとFLDスイッチバックのリアサスの比較。どちらも12インチのリアサス

年式と構造はFLDスイッチバックのものが新しい。古いものやどうしても当時ものにこだわりたい方にはオススメしないが、快適な乗り心地を手に入れたい方にはリアサスを新しいリアサスに交換することはオススメ

根元はFLDスイッチバック(下側)のほうが剛性が高そうだ。FXDFファットボブのリアサスはそれまでのダイナサスと同じような構造

上側も明らかに構造が異なる。スイッチバックのリアサス、カバーがサイドバックガードに干渉するので取り付けられない

FXDFファットボブのリアサスをショベルFLHに取り付けた・・・あれ・・

なんか入らないぞ・・・

サイドバックガードとリアサスの上部の丸の部分が当たっているΣ(゚д゚lll)ガーン

平行にしたら入るかなと、サイドバックガード周辺を分解し

リアサスの上部をシャフトに入れることが出来た!

がしかし、がしかし・・・・

角スイングアームに取り付けようと上を支点に回転させようとすると回らない

やはりエンジンガードにサス上部が干渉してしまう・・・

1984FXSB 土曜日のハーレー屋まつもと

エンジンガードが無かったら、このFXSBのように全く問題なくFXDFファットボブリアサスはショベルに取り付けることが出来る

2年近くワクワクしてやっと取り付けることが出来たのに、まさかのサイドバックガードと干渉して取り付けられないなんてヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

まぁ中身はダイナサスと同じような構造だと思うんで、スイッチバックのサスにかなうはずもないのだろう(負け惜しみ)

一瞬、干渉するリアサスをサンダーで落として取り付けようと思ったがすんでのところで思いとどまった。

インスタのストーリにアップしたら、フォロアーさんが売って欲しいとのこと。わずか滞在1日で旅立っていった

12インチの最新サスにしているとコーナーが凄い楽に曲がれる。安定感が違う。ショベルFLHは”こんなもの”と言う前、思う前にエボやTCで兼用出来る部品のインストールでアップデートするのもいいかもしれない

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • Count per Day

    • 322現在の記事:
    • 796304総閲覧数:
    • 254今日の閲覧数:
    • 628昨日の閲覧数:
    • 379318総訪問者数:
    • 105今日の訪問者数:
    • 273昨日の訪問者数:
    • 5現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド