ショベルヘッドFLHイグニッションキー その2

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

純正のショベルヘッドFLHのイグニッションキーその1は4年前にアップしてる

ショベルFLHのイグニッションキー

実は、この4年の間に

こんなことになってしまっていた

なぜこうなってしまったか説明せねばなるまい。説明したところで、同じような鍵を大量に入手している愚か者とのそしりは免れないが・・・

実は、イグニッションキーのシリンダー(内部の回るところ)から鍵を作れるようになってしまったのだ。

防犯上、当然作り方を教えることは出来ない。

それで、いくつか鍵なしのイグニッションキーを入手しては、鍵を作成してテストしてた。問題なく出来るようになった。

基本的に、ショベル時代のイグニッションキーは片歯。キーのギザギザが片方しかない

これを見てもらえばわかるが、片方にしか溝がないことがわかる

これがシリンダーから作成したキーを入れて回したところ。キーは純正はBASCOだけど、作った鍵は日本製

エボもデジタルメータになるまでは同じようなイグニッションキーだったけど、キーの歯は両歯になり、ベークライトだった絶縁体はゴムに代わっている。

鍵を作ったイグニッションキーは、2、3個は売却して処分したけど、まだ3セットくらい持っている・・・

ハーレー和尚の1984ショベルFLHのイグニッションキー

メーカーはBriggs & Stratton 通称 BASCO

ブランクキーといって歯を削っていないキーは結構な高値で取引されている。1984でもBASCOの片歯だったのね。ひょっとしたらエボ最初期ソフテイルとかもBASCOが付いているのかも。過渡期の使いまわしハーレーの仕様って面白い。

真鍮の鍵はサイドバック用。CHICAGOLOCKというメーカのもの。ちなみにハンドルロックはドイツのネイマン社

鍵にモザイク入れているのは防犯上の理由。

鍵の形状を晒すのはヤバイ

詳しくは書けないけど、プロなら常識なんだろう。

RASHさんのブログではさすが隠している。わかってらっしゃる。

まぁ、普通はここまで警戒しないのかもしれないけど、そこまで気が回るということは他のことにも気が回ってるので、極め細やかな整備がされていることが容易に想像できる。

また、純正片歯のイグニッションキーを入手して鍵を作る作業して遊ぼうかと思う。

よろしければ↓↓↓↓の「ハーレー」をクリックしてポイントアップにご協力ください

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4 Comments »
  1. 元金物屋としては興味ある内容でした。
    一応プロの目から見るとハーレーの鍵は所謂ピンシリンダーという代物で
    ひと昔前に問題になった「ピッキング」という解錠技法に無防備と言われており
    キーを曝せば複製を作る事は比較的容易なのでモザイクは有効と思います。

    ただ、それ以前の問題としてハーレーの鍵はイグニッションを廻せなくする為であり
    シリンダーを最新のディンプルキーやウェーブキーに変えても
    *******************解錠可能と思ってしまいます。
    ちょっとしたイタズラ防止には有効ですが・・・・・
    そういいながらも実は純正CHICAGOの鍵を使っていたりしてます(笑)

    Comment by 9D — 2019年11月17日 07:59
  2. 9Dさん>
    一応防犯上の理由から***に変えた部分がありますのでご了承ください。
    イグニッションキーについては記事にしたくても書いたところで、色々まずいのでアップ出来ないですねww
    純正CHICAGOのサイドボックのキー使ってるんですね。
    私も1セット新品未使用をキープしておりますwww そのうち使ってみます。
    イグニッションキー、シリンダーから簡単につくれまして、ああこりゃ、鍵の形状さらせないなぁと思った次第です

    Comment by SAS — 2019年11月17日 08:17
  3. 失礼いたしました。
    配慮に欠ける書き込みを添削していただきありがとうございました。
    流石に永年個人のブログを運営されている方は違うなと感心いたしました。

    ところでキーシリンダーについて余談があります。
    輸入業者が業界最強のイスラエル製キーシリンダーを売り込みに来たんですが
    そのうたい文句が「50口径による近接射撃にも耐えられます」だそうで

    なんていうか、日本は平和だな~と感じました。

    Comment by 9D — 2019年11月17日 16:57
  4. 9Dさん すみません(汗 念の為に伏字にしておきました。気にし過ぎかもしれませんが、念のためです。申し訳ございません。

    50口径に耐えられるって、その状況が日本では想像できませんね。桜を見る会であーだこーだやってる野党みてると、こんな危機感ないやつらのために税金払うのがバカらしくなりますねww

    高校生の息子が、この人らアホなん??って言ってました

    Comment by SAS — 2019年11月18日 15:24
Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • Count per Day

    • 960現在の記事:
    • 618360総閲覧数:
    • 445今日の閲覧数:
    • 382昨日の閲覧数:
    • 302982総訪問者数:
    • 149今日の訪問者数:
    • 182昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド