楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

今日のハレまつ 2019年12月1日

忘年会の翌日、大阪マラソンの日、仕事がある程度片付いたので午後にハーレー屋まつもとに行ってきた

この日はLE爺さんがやって来てただけだった。新車からLE爺さんワンオーナでもうすぐ50万km走行に達する。

ちなみにミッションは1回も分解していない。フルシンセのギアオイルしか入れていないので、やはりオイル管理がどれほど重要かよくわかる。

(記事の続きを読む)

Filed under: ハーレー屋まつもと — SAS 23:15  Comments (0)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

クラッチ切れにくいと思ったらクラッチハブが・・・

ショベルヘッドのクラッチハブシャフトが折れた

琵琶湖行く前というか、BRISKプラグで色々テストしているときの途中からだったけど、クラッチが切れにくくギアチャンジがしにくくなっていた。クラッチ板が汚れてきたのか??いや汚れたくらいではここまで切れにくくならんか・・・。またコンペン緩んだかな?でも確認したら大丈夫。よくわからんし、ミッチー氏とtotoさんが船場さんに来るっていうから、それまでには直しておきたいなぁと思い、とりあえず現状確認のため、分解したらハブのシャフトが折れてたというオチ。そりゃ、クラッチ切れんわなぁ。

分解はhttp://harley-shovelhead.com/blog/?p=8441 を参照。

(さらに…)

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • Count per Day

    • 618355総閲覧数:
    • 440今日の閲覧数:
    • 382昨日の閲覧数:
    • 302981総訪問者数:
    • 148今日の訪問者数:
    • 182昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド