組立てたよ ショベルヘッド クラッチ分解 コンペンセータ交換 組立

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

161219-01

明日続きをと書いて早2週間。次から次へと仕事が襲ってくるので、処理してたら全然ブログアップする時間が取れなかった。しかもこの作業したのって10月くらい。随分前のことのように思う。

とりあえず、クラッチシェルとチェーン、スプロケを挿入。

161219-02

1984からエボ初期の薄型コンペンセータ用のスライドカムを挿入。これ、エボ後期も同じ型式なので兼用可能。

161219-03

スライドカムを挿入。巣もないしいい感じ。1983の車体に1996の部品が取り付けられるのってすごい助かる。

161219-04

クラッチシェルもカスを落としてきれいにしておいた。ハブ側のフリクションプレートがガタガタになってた。ラムジェットが屋根裏から出てきたのと、フリクションプレートがきれいなハブも出てきたんで、今度分解するときは交換してみよう。まぁ、ラムジェットいれなくても大丈夫なんだけど、構造的にクラッチ切ったらシェルが動くのってどうなの?って感じ。プロクラッチを入れてテストしてみたい。

161219-05

今回もゼリー状のロックタイト使用。これでも緩むなら、もうゼリーは使わない。液体の普通の赤いやつ使う。

161219-06

161219-07

フフリクションディスク、スティールディスクを交互にシェルに入れていく。

161219-08

最後はプッシャプレート挿入してナット3箇所取り付けてワッシャ外して完了。

161219-09

クラッチの遊びを調整。遊び無しだと、ミッション右側のスラストベアリングに常時荷重がかかったまま回転することになるので、スラストベアリング破損につながる。なので、適正な遊びをもうけておいたほうがいい。

忘れがちなスタータシャフトの銅ワッシャーw

161219-10

161219-11

竹串をガイド代わりにガスケットとアウタースライマリーカバー挿入。

161219-12

8箇所を12Nmで締めた。今使っているアウターは84後期のものなので、ダービーカバーのガスケットはOリングになっている。今回Oリングも交換した。

161219-13

その他取り付けて完了。ロックタイト乾くまで1日くらい放置。

余ったコンペン。使えなくなった部品もとりあえずは保管している。

クラッチ調整がちゃんと出来てたら、ミッションはわりとスコスコ入る。スコスコ入らないのに無理して乗ってたらミッション側が逝かれるので、早めの対処が必要に思う。

今年もあとわずかなのに、仕事が終わらない。終わらないでは困るので終わらせないと。最近は自動車関係の治具、自動機が多い。そんな中、陶芸仕事もやってなんとか出来た。試作送ったらOKだったんで残りを作らないと。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • Count per Day

    • 495現在の記事:
    • 711332総閲覧数:
    • 469今日の閲覧数:
    • 702昨日の閲覧数:
    • 343082総訪問者数:
    • 174今日の訪問者数:
    • 234昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド