18番違いの1983ショベルヘッドFLH 2018琵琶湖MTG

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村


前回の更新から随分開いてしまった。あれからほぼ下道ツーで和歌山新宮まで往復400kmツーして、盆休みに腰下ばらそうと分解。ついでにミッションもチェックしたら1st2ndギアが逝ってたので、ebayで手配して2.6:1と1.35:1のCLOSEミッション用ギアにしてみた。燃焼室は2.5年で2万kmちょい走ってもカーボンの堆積が極めて少なく、BRISKプラグとデジタルイグニッション、16V昇圧で燃焼状態がよくなっているのがわかった。おいおいアップしていく。
燃焼室とかの状態

#ショベルヘッド #shovelhead #楽しいショベルヘッド リアは少しオイル下がってんなぁ

SASさん(@sas_1983_)がシェアした投稿 –


さて、琵琶湖MTGのつづき。今年は関東から私と同じ1983FLHのりのハレ太郎氏が参加とのことで楽しみだった。

ハレさんのFLHと私のFLHは、なんとVIN番号が18番違い。きっと35年前のある日、同じ工場で同じ日に組み立てられロールアウトしたんだと思っておく。

35年の月日を経て、当時とほぼ変わらない出で立ちで極東の湖のほとりで奇跡の邂逅を果たす


1983後期ショベルFLH

最最後期は1984後期で、湿式クラッチ、ミッションドレン位置横に変わっている。1983後期-1984前期はその一つ前のほぼ完成形のショベルヘッド。クランクが軽くなり、初期エボと同じになった。バルブSPも張力が弱くなり、カムはSカムになり、非常にマイルドでスムーズな回転で走るショベルヘッドらしくないショベルヘッド。

しかし軽いフライホイールのおかげで、回転重視のカスタムをすれば凄く乗ってて楽しいショベルヘッドが出来上がる。エボにする改造をするといい感じ。

1981ヘリテイジや1984FLHXなどは意外と当時のままの姿で存在している個体が多いが、逆に1983FLHは当時の姿で残っているものが少ないように思う。自分のも含めて5台くらいしか知らない・・・

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

touring
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
  • Count per Day

    • 261現在の記事:
    • 517503総閲覧数:
    • 655今日の閲覧数:
    • 426昨日の閲覧数:
    • 264400総訪問者数:
    • 228今日の訪問者数:
    • 199昨日の訪問者数:
    • 2現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド