タイフーンキャブオーバーフローでやらかしたオイル交換

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

Carl’s Speed Shop タイフーンキャブレター Typhoon carb

タイフーンキャブという、超巨大なCVキャブを装着した記事は上の通りだが、このキャブ、レース用なのでオーバーフローしたガソリンが出て行く機構が存在しない漢仕様のキャブ

オーバーフローしたガソリンがどうなるか・・・・

それは全部、シリンダーを通ってクランクケースに入るのだ

このキャブを取り付けたその日、ガソリンコックをオフにするのを忘れて就寝した。

翌朝、ガレージに行くとすごくガソリン臭い。

エンジンをかけたら、ブリーザーからガソリン臭いオイルが噴出したので、このとき初めて何が起こったか理解できた。

オーバーフローしたガソリンがクランクケースに入ってしまったのだ。ほぼリザーブ近くまで使ってからだったのが不幸中の幸い。

そのままでもいけるかもしれないけど、ガソリンが大量に混入したオイルを使うのは怖かったので交換

オイルの抜き方だけど、ドレンから抜くのではなくて、オイルリターンのホースを外して、エンジンをかけてオイルを抜いた。

これで、タンク内のまだ綺麗なオイルでクランクケース内やカムギアケース内のガソリン回ったオイルを押し出して抜けるだろう

こんな風にオイルが出て行く

そして、エンジンオイルはまたこれ。フルシンセコンプレックスエステルマルチオイルのREDLINE20W-50

ショベルにこそ、フルシンセ(全化学合成)マルチオイルを使うべきだと個人的には思っている。

新車からフルシンセマルチオイルを入れているショベル 50万km走行距離も間近

新車から50万キロ近く走行しているローライダーのLE爺さんが使っているんだから間違いないと思うよ(LE爺さんはREDFOX使用)

 

よろしければ↓↓↓↓の「ハーレー」をクリックしてポイントアップにご協力ください

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 187現在の記事:
    • 561622総閲覧数:
    • 754今日の閲覧数:
    • 1655昨日の閲覧数:
    • 280316総訪問者数:
    • 324今日の訪問者数:
    • 428昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド