ショベルヘッド カムシール外しとシム調整

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

image


カムシール前回どうやって抜いたか思い出せない。スライディングハンマーで抜いたらいいかなと思って、シールにコレットを装着。コレットはネジ込むと先が開くようになっている。これをシールの淵にかませる。まずは今まで付けてたカムカバーのシールを抜いてみる。

image


装着するとこんな感じ。あまり強く開くとシールを広げるので抜けない。ほどほどにしておく。

image


ピストンピンをあてて軽くハンマーで叩いていく。

image


きれいに抜けた。大丈夫そうなので、新しい中古カムカバーのシールも抜いてみる。

image


キレイに抜けた。抜いた後に前回はペンチで壊しながら抜いたのを思い出した。わざわざこんなことしなくても良かったorz

image


カムを入れて新しい中古のカムカバーが付くか確認。カム軸のブッシュだけ交換したら、クランクケース割って左ケースとカムカバーを合わせてブッシュをリーマー加工しないといけないけど、中古の同じ年式なら多分合うだろうと。合わなかったら面倒だったけど、スーッとガタも無くきつくもないええ感じで装着出来た。

多分、加工するときに上下のピン穴を利用した治具を作り、マシニングか専用機で加工しているだろうから位置精度は出ていると推測。

image


カムもきつくなく回るのでOKかと

image


新しい中古のカムカバーについていたガスケットを剥ぐ。きれいに取れて気持ちいい。左がJAMESのガスケット。JAMESのほうが少し厚い。今度もJAMESなのでこのガスケットでカムのシム調整

image


前回使用していたシムを入れ、はがしたJAMESガスケットを装着してエンドプレイ確認。0.025-0.4mmとかなり広くても大丈夫みたい。このクリアランス内だったんでOK

本日の作業ここまで。もうすでに面倒になってきた。ブログ村のクリックありがとうございます。

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

seibi
関連記事
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • Count per Day

    • 613現在の記事:
    • 741275総閲覧数:
    • 206今日の閲覧数:
    • 274昨日の閲覧数:
    • 355509総訪問者数:
    • 107今日の訪問者数:
    • 144昨日の訪問者数:
    • 1現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド