楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

ショベルヘッドオーバーホール エンジン組立クラッチハブ取り付けまで


前回のラストの画像、間違えた。この画像が正。エンジンを固定しミッションをフリーにしてインナープライマリをはめて、ミッションのメインシャフトが軽く回るのを確認。このインナープライマリーケースがミッションの位置決めと固定を兼ねているので、この仕様ではミッションはずれない。更に砂などの異物がメインドライブに噛み込み難いのでオイル漏れも防止できる。確かにメンテするには大変だけど、一度ちゃんと組んでおけば放置プレーでいけるので、見た目が気にならなければプライマリケース有りがいいと思う。ちなみに私はプライマリーケースのふくらみ加減がたまらなくいいと思う。

(記事の続きを読む)

ショベルヘッドオーバーホール エンジン組立


ブログはまだエンジン組立だけど、実機は先日やっと悪いところ全部直して多分調整完了。またキャブを交換するか独立点火にしよかなぁ

組み立てたケースにエンジンオイルを投入。クランク回してオイル回しておく

(記事の続きを読む)

ハーレー ショベルヘッドエンジン組立 その2 【シリンダー、ピストン、タペット調整】

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

ショベルヘッドのエンジン組立その2【シリンダー、ピストン、タペット調整】です。
エンジン組立その1【ロッカー、バルブ周りの組み立】はこちら

 

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

ショベルFLH ワンウェイクラッチ故障 スタータギア

ショベルヘッドのスタータギア、通称ワンウェイクラッチ。これが故障すると空回りするのでクランキングしない。まぁ、中古品の在庫を使ってたので壊れても仕方ないけど、どういう壊れ方をしているのかを知りたくなったのでカシメを潰して、中身を見ることにした。上の画像は分解直後の画像。

(さらに…)

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  • Count per Day

    • 507086総閲覧数:
    • 110今日の閲覧数:
    • 227昨日の閲覧数:
    • 258879総訪問者数:
    • 81今日の訪問者数:
    • 136昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド