鞆の浦 流星ワゴンロケ地

「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村



呉を出た後は、東へ向かい、ドラマ「流星ワゴン」のロケ地となった鞆の浦へ。連ドラはたまにしか見ないけど、流星ワゴンは全話見た。一雄の父親忠雄役の香川照之が、シャツをズボンの中に入れた昭和のおっさんを演じていた。自分の父親が自分と同じ年に何を考えどう行動したか。反目しあう親子がわかり合う過去への旅といった感じのドラマだった。


香川照之演じる、ちゅうさんの家。門はセットで後から設置したものだけど、セットがそのまま残って「丸忠総業」になってた。ちなみに横のレンガの家は、ドラマでは西島秀俊演じる一雄の友人一家がやってる中華料理屋だった。


ドラマで観てたあの風景が。撮影の仕方で全然違う雰囲気を醸し出すんだなぁと感じた。




石畳の小路がよい雰囲気。古い街並みがそのままな感じが趣があって素晴らしい


このあたりもドラマで出てたなぁ


細かいところも丁寧に作られている邸宅。緑錆がふいたひさしもいい雰囲気。積み重ねた年月を感じさせる


そして小路を抜けて出てきた場所は、ここ


鞆の浦といえば常夜灯。”保命酒”で財を成した中村屋の寄進で造られた。江戸時代の代表的な港が残っているのはここだけだそうだ。港の反対側にも常夜灯があったのだが、明治の水害で流されたそうだ。

流星ワゴンでもこの常夜灯はよく出てきた。幼少の西島が隠れた場所だったり








常夜灯をひたすらアップ


2016年公開の「探偵ミタライの事件簿 星籠の海」の看板があった。ロケ地なのね。







常夜灯周りの風景も堪能したので小路に戻ろう


流星ワゴンでよく見た風景。工事中だったのは残念無念



軒先、小路、柵 古きよき時代の趣のある風景が続く






駐車場へ戻るのに、海沿いではなく途中で坂を登って小高いところへ向かった


「二階堂」のCMでも出てきそうな雰囲気


ここから見渡せるかと思ったけど、もう閉まってしまっていた



坂を降りていくと、また小さい集落が現われた


保命酒が鞆の名産。明治までは中村屋が専売してたけど、明治になったら似たような保命酒メーカが一杯出来て、中村屋は辞めてしまった。今では4軒の保命酒メーカが残っている。ここは「入江豊三郎本店」 時間が遅かったので閉店してた。店の前の曲がり角をのぞいてみると・・・


なにやら銀行のビルが・・・ 銀行!! あ


流星ワゴン観てた人ならわかるだろう。第2話でちゅうさんが融資をお願いに行った「福山銀行」じゃないか。


おお、この場所だったのか。気づいてよかった。「福山銀行 鞆の浦支店」 ではなく、しまなみ信用金庫。


銀行から海方向に進むと古めかしい旅館が


坂本竜馬も宿泊したらしい


手前が弁天島、奥が仙酔島。「人生感がかわる宿 ここから」って宿があるけど、どう変わるんやろか

この周囲、ものすごい寺と神社が密集している。

鞆の浦を満喫した後は、福山市内に。この日の宿はベッセルホテル福山だった。


「いいね!」代わりにクリックしてね ==> にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへにほんブログ村

diary_cat
関連記事
Filed under: 日記 — SAS 01:11  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  


  • Count per Day

    • 348現在の記事:
    • 260639総閲覧数:
    • 72今日の訪問者数:
    • 120昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド