楽しいショベルヘッドブログ版

ハーレーショベルヘッドFLH80のメカニカル記事がメインです。ショベルヘッドは1969年までのアーリーショベル、1970年から1985年までのコーンショベルに大別されます。さらに1983年後期以降は、エボ初期に近い仕様になっているようです。そんなエボみたいな1983年式ショベルヘッドFLH80の整備とか改造とか、故障とかの記事が多いです。

instagram #楽しいショベルヘッド #ブリスク #briskplugs

ヤフオク_ブリスクDOR17LGSのページ

brisk LGS プラグ

下記リンクは、各項目を1ページに関連記事を一覧表示しています。いちいちページを移動しなくても一覧で見れますので便利です。

「続きを読む」「もっと見る」が広告に隠れる場合は、記事タイトルをクリックしてください。全部表示されます。

「整備記録記事」 「ツーリング」 「メンテナンス」 「日記」

注意:当サイトのやり方を参考に作業して何か問題が発生しても当方は一切関知しません。自己責任でお願いします。あと、当サイトの方法を真似してYOUTUBEなどにアップするなら参考先としてリンクしておいてください。事前連絡などは要りません。一応、当サイトの広告収入は当方に入り、それを元手に色々購入してまた記事をアップしてますので、興味を惹く広告が出たらクリックして見てもらえると助かります。

注意:当サイトは自分の備忘録並びに困っているサンデーメカニックの一助にと思い様々な試行錯誤を公開しております。オンラインサロンで費用を徴収する人のために公開しているのではありませんので、そのような行為は慎んでください。

天空の城 竹田城にショベルとエボでツーリング 2013/11

131107-01

今、話題沸騰の兵庫県朝来の竹田城までショベルとエボでツーリングに行ってきた。平日を休みにして行ったが、土日はものすごい人出で下の駐車場に停めてバスが出ているようだ。

雲海は条件が合わないと出ないし、朝早かったりするので流石にそれは止めて普通に見に行くことにした。

今回も平日休みの取引先の人と一緒。

(記事の続きを読む)

ランダム記事

・ランダムで1記事表示されます。

フロント周りの一斉整備 その2 ステムベアリング周りのグリスアップ


ステムベアリングにアクセスするのにナセル付きのFLHは手間がかかる。まだラジオとかカーステレオがついていないだけマシかもしれない。FX系は楽。つい面倒で放置しがちなステムベアリングだけど、破損すると交換に手間がかかるので出来れば定期的にチェックしてあげるといいと思う。分解はまずフロントフォークを抜くためフォーク上部のフォークチューブカップを外す。丁度良いサイズのボックスを持っていないのでモンキーレンチで外した。ロアブラケット後にあるピンチボルトを緩めフロントフォークを抜く。

(さらに…)

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
  • Count per Day

    • 693447総閲覧数:
    • 274今日の閲覧数:
    • 454昨日の閲覧数:
    • 335261総訪問者数:
    • 167今日の訪問者数:
    • 202昨日の訪問者数:
    • 0現在オンライン中の人数:
    • 2014年5月21日カウント開始日:
  • ツーリング人気記事

  • RSS 楽しいショベルヘッド